Interactional Mind〈11 2018〉

個数:

Interactional Mind〈11 2018〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月27日 05時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 152p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784779305863
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

目次

代表挨拶 我が国へのSFA導入
理事長挨拶 なぜブリーフセラピーに惹かれるのか
巻頭言 マスターセラピストと公認心理師
特集 ブリーフセラピーの先人たちに学ぶ
論考 公認心理師とブリーフセラピー
報告1 日本ブリーフセラピー協会第9回大会
報告2 関西三支部合同による東先生WS報告
事例論文
2017年度活動報告

出版社内容情報

日本ブリーフセラピー協会の活動・研究報告。特集:ブリーフセラピーの先人たちに学ぶ日本ブリーフセラピー協会の活動・研究報告。
本年は「ブリーセラピーの先人たちに学ぶ」として内外の代表的な技法家を紹介する。
また、公認心理師の制度の創設とともに、その意義と求められる貢献を解説。
報告2本は、第9回大会の十島雍蔵先生の記念講演と、神戸・大阪・京都の関西三支部合同の東豊先生のワークショップをまとめている。
事例論文は、家族臨床的接近として『死の棘』で有名な島尾マヤの事例を分析する。

代表挨拶 わが国へのSFA導入
理事長挨拶 なぜブリーフセラピーに惹かれるのか
巻頭言 マスターセラピーと公認心理師
特集:ブリーフセラピーの先人たちに学ぶ
 はじめに
 1 ミルトン・エリクソン
 2 ドン・D・ジャクソン
 3 ジェイ・ヘイリーと苦行療法
 4 サルバトール・ミニューチン
 5 スティーブ・ドシェーザー
 6 インスー・キム・バーグ
 7 マイケル・ホワイト
 8 ハーレーン・アンダーソン
 9 東豊
 10 長谷川啓三
 おわりに
論考:公認心理師とブリーフセラピー
 1 公認心理師時代におけるブリーフセラピーの貢献
 2 保健医療分野におけるブリーフセラピーの貢献
 3 福祉分野におけるブリーフセラピーの貢献
 4 教育分野におけるブリーフセラピーの貢献
 5 司法・犯罪分野におけるブリーフセラピーの貢献
 6 産業・労働分野におけるブリーフセラピーの貢献
報告1 日本ブリーフセラピー協会第9回大会
 ブリーフセラピーについて、今考えるとすれば
報告2 関西三支部合同による東先生WS報告
 1 匠に学ぶ!ワンランク上のブリーフセラピーの秘訣
 2 コンサルテーションにおける原理原則
 3 IPへの意識のあり方が大切
 4 増上慢に陥らないために
事例論文
 島尾マヤへの家族臨床的接近(1) 
欧文目次
2017年度活動報告
報告

日本ブリーフセラピー協会[ニホンブリーフセラピーキョウカイ]
編集