少子化社会と妊娠・出産・子育て

個数:
  • ポイントキャンペーン

少子化社会と妊娠・出産・子育て

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 153p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784779305245
  • NDC分類 334.31
  • Cコード C1036

目次

第1章 結婚―誰が子を産み、育てるのか
第2章 子育て支援―誰のための支援?何のための支援?
第3章 出産―新しい生命を迎えるということ
第4章 母子保健―母と子の「健やかさ」を考える
第5章 避妊・中絶―「産まない」ことに向き合う
第6章 不妊―生殖補助技術は何を問いかけるのか
第7章 出生前診断―いのちを選ぶこと、選ばないこと
第8章 社会的養護―親が育てられない子どもを社会で育てる
第9章 養子縁組―生まれた子どもの幸せのために
終章 学びの扉、その先に―3つの論点

著者等紹介

由井秀樹[ユイヒデキ]
日本学術振興会特別研究員(PD)、社会福祉士、博士(学術)。立命館大学大学院先端総合学術研究科先端総合学術専攻修了。立命館大学専門研究員を経て2017年より現職。所属学会は日本家族社会学会、日本保健医療社会学会、日本科学史学会、日本生命倫理学会、日本子ども虐待防止学会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。