幽霊

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

幽霊

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 145p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779127779
  • NDC分類 929.13
  • Cコード C0097

出版社内容情報

「死刑囚」をテーマにした上質なサスペンス・ストーリー



 政府高官を殺害した容疑で死刑宣告を受けた、死刑囚の「男」。

死を約束されたにもかかわらず、不気味なほど穏やかに日々を

過ごす「男」に、好奇心を押し殺しながら接する

担当刑務官のユン。

 殺害動機も自身の出自さえも明かさない「男」のもとへ、

姉と名乗る女が面会に現れる。沈黙していた「男」の感情は、

それを機に少しずつ、静かに動き始める。

内容説明

政府高官ふくめた12名を殺害した容疑で死刑宣告を受けた、死刑囚の「男」。死を約束されたにもかかわらず、不気味なほど穏やかに日々を過ごす「男」に、好奇心を押し殺しながら接する担当刑務官のユン。殺害動機も自身の出自さえも明かさない「男」のもとへ、姉を名乗る女が面会に訪れる。沈黙していた「男」の感情は、それを機に少しずつ、静かに動き始める。

著者等紹介

チョンヨンジュン[チョンヨンジュン]
鄭容俊。1981年光州生まれ。朝鮮大学校ロシア語学科卒業後、同大学大学院文芸創作学科修了。2009年に短編「グッドナイト、オブロー」が雑誌『現代文学』に掲載され文壇デビュー。2011年に短編「トトト、ト」で第2回“若い作家賞”を、2016年に「宣陵散策」(2019年、クオンより邦訳刊行済み)で第16回“黄順元文学賞”を受賞した。現在はソウル芸術大学文芸創作科で教鞭を執る

浅田絵美[アサダエミ]
1983年広島県生まれ。韓国学中央研究院韓国学大学院の人類学科修士課程卒業。日本の放送局にてディレクターとして勤務後、韓国でラジオのパーソナリティや翻訳の仕事をはじめる。韓国文学翻訳院の翻訳アカデミー特別課程を修了。同アトリエ7~10期生(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケンイチミズバ

88
私たちは世論に押される。政治も司法も空気を読むとこうなる。死刑も私刑も大差ないのかもしれない。先進国の自負や潮流もあり大臣が承認しないまま宙ぶらりんの実質死刑のない国と位置付けられているそうだ。発端は接見した牧師がマスコミに漏らした受刑者の告白にある。火に油を注いだ。世論は爆発。アイコンだけで盛り上がる世論を前に生身の受刑者を理解し始める刑務官や報道を見て現れた姉の存在ももはや無力。週末見た番組のアントワネットが民衆の手で断罪されるいきさつ、民衆の怒りが決めるカタルシス効果かこれが。と思った。後味の悪い。2022/05/30

星落秋風五丈原

26
確かに心情を描いているのだけれどなぜ彼が人を殺すようになったのか、自称姉が彼をどう思っているのかは全てが説明はされていなかったですね。恐ろしい本でした。2022/02/14

くさてる

18
12人を殺害した死刑囚と担当刑務官を中心に、男にひそむ心性の謎が少しずつ現れては消え、また分からなくなっていくスリリングな流れに引き寄せられました。といっても単純なサスペンスでも、観念的な純文学というわけでもない。凄惨な描写は時に生々しく、血の匂いがする。薄い本ですが、読みごたえは重かったです。2022/02/05

ROOM 237

12
韓国サスペンス新刊本。1ダースほどの大量殺人を犯した死刑囚と好奇心を抱く刑務官とのやり取りを描いたストーリーは、亡きキムギドク監督が書いたのかってぐらいのギリギリの行き場の無さと絶望感。真冬の海みたいにくらぁいけど、この暗さが韓国独特だなぁと味わう。飄々と大量殺人を犯す一方で、自身の体に小さな擦り傷が出来ただけで念入りに絆創膏を貼るという矛盾点を軸に展開。冒頭に「砕氷船が凍りついた海を渡って…」とあり、この死刑囚が抱える闇とトラウマとの共存的表現としても、ゆったり静けさ漂う雰囲気にもマッチしておりました。2021/11/13

あずき

7
死刑囚四七四番を軸に刑務官、四七四番の姉が見つめる悪と運命とは。わずか130P弱の作品ながら、内容はズシンと重く凶悪犯に対して一般の私たちは、どの様に思うのか問いかけられる。悪を知る事とは何か?果たして自分の解釈は、作者の意図する事と同じなのだろうか?「死ぬためにここに来た者を死刑にするって(略)皮肉にも、わたしたちが殺人犯の要求を聞いてやっているような気がするんです。」と言う刑務官の言葉に、思わず唸ってしまった。ニュース報道の一面しか分からない裏側に何があるのか思いを馳せた次第。2022/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18497448
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。