ホハレ峠―ダムに沈んだ徳山村 百年の軌跡

個数:

ホハレ峠―ダムに沈んだ徳山村 百年の軌跡

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784779126437
  • NDC分類 916
  • Cコード C0036

出版社内容情報

日本最大のダムに沈んだ村、岐阜県徳山村の最奥の集落に、

最後の一人になっても暮らし続けた女性(ばば)がいた。



奉公、集団就職、北海道開拓、戦争、高度経済成長、開発……

時代を超えて大地に根を張り生きた理由とは。



足跡をたどり出会った人たちの話から見えてきた

胸をゆさぶられる民衆の100年の歴史――。



映画『水になった村』(第16回地球環境映像際最優秀賞受賞。

書籍、情報センター出版局刊)監督の最新刊!

内容説明

日本最大のダムに沈んだ岐阜県徳山村。最奥の集落に一人、暮らし続けた女性。血をつなぐための彼らの驚くべき道のりをたどった―。

目次

第1部 日本一のダムができるまで(廣瀬ゆきえさんとの出会い;徳山村、最後の住人の最後の日;徳山ダム試練湛水;静かな移転地)
第2部 徳山村、百年の軌跡(廣瀬ゆきえ幼年期;はじめての滋賀県。海を見た;はじめての巨大紡績工場へ;結婚―開拓の地、北海道真狩村へ;今井磯雄・敏子夫婦との出会い;長男・陸男;開拓団長・今井茂八に札幌で会えた;国営のミハラ農場へ;橋本から廣瀬へ;徳山村にダムがやってくる;徳山村は命の大地;ゆきえばばが、死んだ)

著者等紹介

大西暢夫[オオニシノブオ]
1968年、岐阜県揖斐郡池田町育ち。東京綜合写真専門学校卒業後、写真家・映画監督の本橋成一氏に師事。1998年にフリーカメラマンとして独立。ダムに沈む村、職人、精神科病棟、障がい者など社会的なテーマが多い。2010年より故郷の岐阜県に拠点を移す。『ぶた にく』(幻冬舎)で第58回小学館児童出版文化賞、第59回産経児童出版文化賞大賞。映画監督作品:『水になった村』(第16回EARTH VISION地球環境映像祭最優秀賞受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。