日本改革の今昔―首相を目指した在日 新井将敬

個数:

日本改革の今昔―首相を目指した在日 新井将敬

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月24日 18時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 342p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784779123399
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0031

内容説明

豊洲市場問題に見られる政治家・石原の無責任体質、森友学園、加計学園疑惑に対する安倍政権の対応…。二つに共通する“口利き政治”は犯罪である。矜持を忘れた政界に、第二の“新井将敬”が求められている!

目次

第1部 元祖・改革派のホープは何を思う(巡り巡る新井将敬の季節;石原慎太郎のおごりと豊洲市場問題の闇;小池都知事誕生と第二の改革旋風;よみがえる新井将敬の旧同志たち;「安倍一強」の盲点)
第2部 『代議士の自決 新井将敬の真実』(隠された実像―闘う改革派;思想と行動―改革はどこでねじれたのか;改革派代議士の死―だれが新井将敬を殺したのか)

著者紹介

河信基[ハシンギ]
1971年中央大学法学部卒業。朝鮮新報記者、朝鮮大学経営学部主任教授(講座長)を経て評論活動に入る。朝鮮南北、日本、中国など東アジアの政治・経済問題を中心に各国・地域の伝統や文化を踏まえた分析は、タブーを排して本質を抉り、「慧眼」と評されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)