復興ストレス―失われゆく被災の言葉

個数:

復興ストレス―失われゆく被災の言葉

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779123009
  • NDC分類 369.37
  • Cコード C0036

出版社内容情報

あの日から6年

復興のかけ声とは裏腹に、被災の言葉は失われていく

諦めや、泣き寝入りになってしまうこと

本当の意味での風化がいま、始まろうとしている

どうしたら現状を変えられるのだろうか

被災者の不安には、生物学的な合理性があることが分かった

気鋭の科学ライターが、最新の脳科学の成果を踏まえ、打開策を探る

プロローグ 本当の意味での風化



第1章 生物学的合理性から見た福島原発事故



第2章 脳神経科学から見た「不安」



第3章 社会の病としての放射線災害



第4章 科学的リスク評価の限界



第5章 これからの安全・安心論議に求められるもの



エピローグ 医学的リスク論と心理社会的リスク論

伊藤 浩志[イトウ ヒロシ]
1961年生まれ。東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程修了。ストレス研究で博士
号取得。専門は脳神経科学、リスク論、科学技術社会論。現在は、フリーランスの科
学ライター。国際基督教大学でゲスト講師として講義するなど、放射線の健康リスク
をテーマに、福島県を中心に各地で講演活動も行っている。元新聞記者。雲仙普賢岳
の火砕流や阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件、脳死臓器移植、遺伝子組み換え食品
など、科学・先端医療がからむ社会問題を担当した。福島市在住。

目次

プロローグ 本当の意味での風化
第1章 生物学的合理性から見た福島原発事故
第2章 脳神経科学から見た「不安」
第3章 社会の病としての放射線災害
第4章 科学的リスク評価の限界
第5章 これからの安全・安心論議に求められるもの
エピローグ 医学的リスク論と心理社会的リスク論

著者等紹介

伊藤浩志[イトウヒロシ]
1961年、静岡県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。専門は脳神経科学。ストレス研究で博士号を取得。現在、フリーランスの科学ライター。国際基督教大学でゲスト講師として講義するなど、福島県を中心に各地で放射線の健康リスクをテーマに講演活動を行っている。元時事通信社記者。雲仙普賢岳の大火砕流や阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件、脳死臓器移植、遺伝子組み換え食品など、科学・先端医療が絡む社会問題わ担当した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

かんちゃん

29
機械論的自然観に基づくリスク評価によって被災者の不安を解消しようとする政府、科学者。その限界を科学的に説明しようとする意欲的な取組みだ。著者はジャーナリストでありながら、脳神経科学の博士号を持つ。リスクを量的な数値に換算して二元論的に論じてしまうことで、数値化出来ない情動的要素や社会構造的な問題が過小評価されていると警鐘を鳴らす。原発事故で故郷を追われた被災者が遭遇しているのはまさにこれだ。長期にわたるストレスは身体をも蝕む。論理性や経済性が優先され、被災者の心が置き去りにされてはいけない。2017/03/03

るうるう

4
強く啓発された。筆者は文系と理系を結ぶ脳梁のような人で、時事通信記者→脳神経学者に転身、ストレス研究で博士号を取得、震災後は福島に住み、科学ライターとして活動。巻頭に「科学とは、それがなくてはある種の人たちが、生きていけないけないような誤謬のことである」とある。最新の脳科学の成果を含め、議論は動物学、社会学、心理学など多岐にわたる。個人的には、動物が不公平を嫌悪する行動、グリーンの意思決定を行う2種類の神経回路の話が面白かった。ICRPの1ミリシーベルトの根拠についても光が当てられており、興味深い。 2017/07/15

K

2
人間は社会的な生物であり、先が見えない不安定な状況や排除されたという感覚に強いストレスを感じ、それが体調を崩す要因になるという話。最弱者とされる人たちが生きやすい社会を作ることが必要と、筆者は指摘するけれど…「社会の格差勾配にしたがって、ベネフィットは豊かな中央が享受し、リスクは貧しい地方が負担する不均衡な社会構造が事故前からできあがっていた」のが、その流れはネポティズムはびこる今の政治でますます固定されているような気さえする。こんなこと言うと逮捕されたりするようになるのかな、そのうち。2017/06/27

ろくたろう

0
脳科学者でジャーナリストの経歴ももつ伊藤氏は、科学的手法を用いて、社会的心理的なダメージが、実際に物理的身体的なダメージにつながる、という脳の仕組みを解き明かしながら、この、質の違いに目を向けることを促す。 科学者でありながら、科学の限界や陥りがちな罠を認めて、科学的にその理由を解説する伊藤氏のその姿勢は誠実で信頼できる。 できたら、日本の成人全員がこの本を読んだらいいのに。もし難しければ、授業やワークショップの様に、読むのをお手伝いする人がいたり、互いに手伝いあいながら、読めたらいい。と思った本。2021/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11476339

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。