医療化するアメリカ―身体管理の二〇世紀

個数:

医療化するアメリカ―身体管理の二〇世紀

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年06月25日 16時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784779122934
  • NDC分類 498.025

内容説明

20世紀初頭に社会の医療化を推進したさまざまなアクターの活動を通して、かつては個人の自由と裁量に任されていた健康問題が公的な意味を持ち、制度化されていく過程を描く。医療から、アメリカの政治、法律、経済、人種・民族問題などが見えてくる。

目次

第1章 知的障害をめぐるポリティクス―「精神薄弱者問題」と移民制限
第2章 ヘンリー通りセツルメントと医療、社会、政治―二〇世紀転換期ニューヨーク市における「訪問看護」の現場から
第3章 産業看護婦による移民のアメリカ化―安全運動と訪問看護運動との協働
第4章 農村住民の健康意識改革にむけて―二〇世紀初頭南部のコミュニティ・ヘルスワークとその限界
第5章 二〇世紀前半までのアメリカ病院制度の発展―「公共空間」の主導権をめぐる争い

著者紹介

平体由美[ヒラタイユミ]
アメリカ政治史。札幌学院大学教授。国際基督教大学大学院行政学研究科博士後期課程修了、博士(学術)

小野直子[オノナオコ]
アメリカ史。富山大学人文学部准教授。同志社大学大学院博士後期課程単位取得退学、博士(文化史学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

身体から読み解くアメリカ社会……



20世紀初頭、

社会の医療化を推進したさまざまなアクターの

活動を通し、かつては個人の自由と裁量に任されていた

健康問題が公的な意味を持ち、制度化されていく過程……。

医療から、アメリカの政治、法律、経済、人種・民族問題など

が浮かび上がる。

現在の医療・看護・公衆衛生の問題を考察する上でも、

有益で必読の書である。

【目次】



     はじめに  

     平体由美(札幌学院大学教授)



                                   

 第一章 知的障害をめぐるポリティクス

          ――「精神薄弱者問題」と移民制限―― 

     小野直子(富山大学准教授)





 第二章 ヘンリー通りセツルメントと医療、社会、政治

          ――二〇世紀転換期ニューヨーク市における「訪問看護」の現場から――   

     松原宏之(立教大学教授)





 第三章 産業看護婦による移民のアメリカ化

          ――安全運動と訪問看護運動との協働――    

     上野継義(京都産業大学教授)





 第四章 農村住民の健康意識改革にむけて

          ――二〇世紀初頭南部の

            コミュニティ・ヘルスワークとその限界―― 

     平体由美





 第五章 二〇世紀前半までのアメリカ病院制度の発展

          ――「公共空間」の主導権をめぐる争い――    

     山岸敬和(南山大学教授)





 アメリカ医学史解説 

     小野直子   





     アメリカ医療史年表  



     文献案内   



     あとがき   



     索引  

平体 由美[ヒラタイ ユミ]
ひらたい・ゆみ
専攻、アメリカ政治史。札幌学院大学教授。
国際基督教大学大学院行政学研究科博士後期課程修了/博士(学術)。
単著に『連邦制と社会改革――20世紀初頭アメリカ合衆国の
児童労働規制』(世界思想社、2007年)、
論文に「アメリカ南部寄生虫対策とコミュニティ公衆衛生活動
――近代的公衆衛生行政への転回 1909~1920年」(所収書:
『<近代規範>の社会史?都市・身体・国家?』
(彩流社、2013年)他。

小野 直子[オノ ナオコ]
おの・なおこ
専攻、アメリカ史。富山大学人文学部准教授。
同志社大学大学院博士後期課程単位取得退学/博士(文化史学)。
論文に、
「革新主義期アメリカにおける精神医学と移民制限」
『富山大学人文学部紀要』第64号(2016年)、
「近代科学の台頭と人間の分類?
20世紀初頭アメリカにおける『精神薄弱者問題?」
『富山大学人文学部紀要』第62号(2015年)、
「アメリカ優生学運動と生殖をめぐる市民規範
?断種政策における『適者』と『不適者』の境界?」
(所収書:『<近代規範>の社会史?都市・身体・国家?』
(彩流社、2013年)他。