ドストエフスキーとマルクス

個数:

ドストエフスキーとマルクス

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779117930
  • NDC分類 980.28
  • Cコード C0010

内容説明

1990年代以降のソ連と社会主義圏の解体以後、近代的な戦争も革命もなくなり、すべての思想が持つものだったはずの革命的性格は既存の体制維持の用具へと変貌し、思想は死んだ。これはマルクス、ドストエフスキーの予想もしなかったことである。本書は、古い「革命」概念にしがみつくのを止め、古い「革命」主義を革命する指針をしめす。マルクスとドストエフスキーの二人を並べ、理論としても現実的にも、「近代」の革命論を総括したマルクス。しかしそのマルクスに欠けていた神と宗教の問題を、ドストエフスキーによって補う。本書ではマルクスとドストエフスキーを考えていくなかで、「神」「解放」「自由」「革命」「素朴」などの概念を問い、最後に「笑い」の問題をとり上げていく。

目次

第1章 「神」をめぐるドストエフスキーとマルクス(「前・創世記」の神話―革命の誕生;現代日本の「ドストエフスキー的状況」;ドストエフスキーの「神」とは?;マルクス主義の宗教批判と、宗教からの反批判;ドストエフスキーにおける革命と救済;マルクスとマルクス主義の「神」)
第2章 「ユダヤ人」をめぐるドストエフスキーとマルクス(マルクス「ユダヤ教からの社会の解放」;シャイロックからロスチャイルドへ;ドストエフスキーにおけるユダヤ人問題;現代世界のイスラエルとユダヤ人)
第3章 「自由」をめぐるドストエフスキーとマルクス(鏡の中の「自由」;歴史に求める「自由」のありか;マルクス主義の唯物史観と「自由」)
第4章 「王様は裸だ!」―「子供の目」革命(「子供の目」の革命と「子供の笑い」の平和;豊富の中の貧困;「革命」は革命されて循環する;笑いの革命へ)
第5章 現代に生きるドストエフスキーとマルクス(歴史的未来としての現代;「外」から「内」へ;「地業」で確実な内需への転換を;素朴・自在・情理を基にした「くに」づくり)

著者等紹介

河原宏[カワハラヒロシ]
1928年東京生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。政治学博士。早稲田大学理工学部にて助教授、教授。1998年、退職し、名誉教授。日本政治思想史、また日本文化論について著書多数。2012年2月28日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

愛希穂

0
ちょっと難しいけれど、面白かった。詳細レビューはまた後ほど。 河原宏氏の著作をもっと読みたくなりました。2012/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4802017

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。