総体としてのヘンリー・ジェイムズ―ジェイムズの小説とモダニティ

個数:

総体としてのヘンリー・ジェイムズ―ジェイムズの小説とモダニティ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 222,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779116865
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C0098

内容説明

さまざまな解釈理論を生みつづけるヘンリー・ジェイムズ。ジェイムズが生涯をかけて追求した「リアリズム小説」とは何だったのか。彼の「モダニティ」に内在する諸々の関係性のなかに「小説家ジェイムズ」が立ち現われる。

目次

序章 ヘンリー・ジェイムズとモダニティ
第1章 模索するヘンリー・ジェイムズ
第2章 「円熟期」小説の構造
第3章 補強する作品群と「セクシュアリティ」および「近代」
第4章 小説家たちの中のヘンリー・ジェイムズ
第5章 ジェイムズと「フィクションの家」
第6章 「富」と「抽象」―ヘンリー・ジェイムズとウォレス・スティーヴンズのフロリダ
第7章 「黄昏/金色の嘘」と『黄金の盃』―テクストの構造と読みの多様性について

著者等紹介

海老根静江[エビネシズエ]
お茶の水女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きつね

4
イヴ・セジウィック、レオ・ベルサーニらセクシュリティを軸にした読解に共鳴しつつ、イデオロギー的批評からは距離を取って作家の総体を描こうとする。HJ論の典型的なパターンへの目配せがあり初学者としては助かった。とくに『黄金の盃』論は青木氏のそれより共感できる切り口だった。それだけにもっと詳しく読みたい感じが残るのもたしか。全体的に「総体」を論じるために個々の読解があっさりめなのは仕方ないにせよ悩ましいところ。2012/12/22

ゴリラ爺さん

0
セジウィック、ベルサーニ、ブルックス、①肖像ミラー悲劇の美神ドンヴィル向こうの家ねじ聖なる泉②円熟期③セクシュアリティ密林の野獣ボストンの人々④プルーストバルザックトルストイフローベール⑤フィクションの家とHGウェルズ論争⑥旅行記アメリカの風景とウォレススティーヴンズのフロリダ詩⑦黄金の盃と映画、リアリズム、教養小説、結婚小説、世紀末デカダンス、ワイルドとのライバル関係、ロココ文化、ラシェル、サラ・ベルナール、エレン・テリー、ホモセクシュアル・パニック、ボストン・マリッジ、情念、嘘と意志、ヴェニス、場所性2021/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4342031
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。