銅鐸民族の悲劇―戦慄の古墳時代を読む

個数:

銅鐸民族の悲劇―戦慄の古墳時代を読む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月20日 19時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779115912
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C0021

内容説明

巨大古墳群は被征服民族・銅鐸民族の奴隷労働の結果であり、そこは同時に古代日本版「収容所群島」だった。古墳時代“消耗システム論”を立証した異色の書。

目次

古墳時代―この奇妙な時代発生の謎
エジプト古王国文明の謎―わが国の大古墳群の理解を深めるために…
ピラミッドと日本の巨大古墳の類似性
わが国古墳時代の特質―支配と奴隷
古墳をめぐる諸説―主流派の説
アマチュアの視点が求められる古代史説
古墳の真実への道標となる説
消耗システムの考古学的証明
消耗システムの現実的証明
近畿王権の古墳時代は“鎖国”だった
大国主神の正体
古代日本の収容所群島―それが巨大古墳群だった

著者等紹介

臼田篤伸[ウスダトクノブ]
1945年長野県佐久市に生まれる。1963年長野県立野沢北高校卒業。1973年東京医科歯科大学歯学部口腔外科大学院修了、歯学博士、癌の細胞培養学専攻。1974年東京厚生年金病院歯科部長就任。1976年埼玉県川口市にて歯科医院開業。本業のかたわら風邪(インフルエンザを含む)、癌、日本古代史の研究に取り組む。日本歯科医師会、日本免疫病治療研究会、バイオハザード予防市民センター(代表幹事)、ワクチントーク全国、多元的古代研究会、古田史学の会、米沢興譲教会に所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。