物語としてのアパート

個数:

物語としてのアパート

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月16日 08時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779113888
  • NDC分類 365.35
  • Cコード C0095

内容説明

萩原朔太郎、中原中也、青山一郎、森茉莉、寺山修司が住んだアパートとは?詩や小説、回顧録、映画、漫画に登場するアパート、マンション、郊外団地を手がかりに、ニッポンの近・現代の都市居住に大きな役割を果たした「アパート」の栄光と衰退とに迫る。「アパート」という“コトバ”と“現実”がどのように社会に受容され消費されてきたのかを明らかにする、一級建築士による画期的な考察。

目次

第1章 乃木坂倶楽部の在り処
第2章 菜の花畑で眠っているのは…
第3章 いとこちたくいかめしき
第4章 この巨大なパイプオルガンのうめきは
第5章 みんなが大きな夢を描いて
第6章 何より面映ゆさのようなものが
第7章 逃げる手だてを見つけださなければ

著者等紹介

近藤祐[コンドウユウ]
1958年東京生まれ。一級建築士。慶應義塾大学経済学部卒業。アパレル企業企画部に勤務後、建築設計事務所に勤め独立。現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

文学(詩や小説)、映画、漫画などに登場するアパート、マンション、郊外の団地を手がかりに、日本の近代における「都市居住」に重要な役割を果たしてきた「アパート」像に迫る。明治末期の日本に初めて登場した民間のアパートから昭和初期のモダンアパート、木造長屋風アパート、戦後の高級アパート、公団アパート、木賃アパート、マンション、ワンルーム、ルームシェアに至るまでの有名無名の建築群を重層するひとつの系譜として捉え、「アパート」という言葉と現実がどのように社会に受容され大衆化し、そして消費されていったかを明らかにする画期的な論攷。

かつての「アパート」には夢と輝きがあった!
萩原朔太郎、中原中也、青山二郎、森茉莉、寺山修司らが住んだアパートとは・・・?

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件