原爆投下とトルーマン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779113758
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0031

出版社内容情報

“創られた神話”を解体し、原爆使用の真相に迫る。論争的なトルーマンの背後に潜む理由を分析し、指導者達に知られていたこと、知らなかったことを描きながら、米ソ関係および米国内政治の役割を検討。日本降伏にも新視点。

内容説明

“創られた神話”を解体。未だ正解のない「原爆使用」の“真相”に迫る。

目次

第1章 二者択一の選択か
第2章 これまで知られた中でもっとも恐ろしい兵器
第3章 勝利への展望、一九四五年六月
第4章 勝利への道
第5章 トルーマンとポツダムでの爆弾
第6章 ヒロシマとナガサキ
第7章 歴史におけるヒロシマ
年表―太平洋戦争に関連した一九四五年の重要な出来事

著者等紹介

ウォーカー,J.サミュエル[ウォーカー,J.サミュエル][Walker,J.Samuel]
ウォーカーは、メリーランド大学大学院Ph.D.(アメリカ史)、現在は合衆国原子力規制委員会に所属する歴史研究者。主要著作、Henry A.Wallace and American Foreign Policy(Westport:Greenwood Press,1976)、その他原子力規制関係の著書や論文多数

林義勝[ハヤシヨシカツ]
カリフォルニア大学大学院サンタバーバラ校Ph.D.アメリカ外交史専攻。現在、明治大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。