叢書東欧<br> バルカンの心―ユーゴスラビアと私

個数:

叢書東欧
バルカンの心―ユーゴスラビアと私

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月21日 15時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 302p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784779112614
  • NDC分類 293.93
  • Cコード C0022

内容説明

バルカン学の泰斗、半世紀におよぶ軌跡と仕事の全貌!日本におけるバルカン学のフロンティアによる旧ユーゴスラビアを中心とした歴史、文化、文学についての論考・研究・エッセイをまとめた書。NHKラジオ深夜便のインタビュー「我、バルカンとの架け橋とならん」も巻末に収録。

目次

第1部 歴史と文化(ユーゴスラビアの歴史と文化;日本とユーゴスラビアの文化交流;ドゥシャン大帝とマルコ王子の伝説 ほか)
第2部 文学をめぐって(ニェゴシュ再興;山の花環;ユーゴスラビアの民話 ほか)
第3部 バルカン逍遙(サラエボ再訪;バルカンの放浪者たち;ドブロブニクとの付き合い方 ほか)

著者等紹介

田中一生[タナカカズオ]
1935年北海道美唄市生まれ。早稲田大学第一文学部露西亜文学科を卒業後、62年政府交換留学生としてベオグラード大学哲学部美術史科に学ぶ。68年に帰国後、津田塾大学、千葉大学、創価大学で講師を務めるほか、出版社勤務、市民講座の講師などを通してバルカン地域の啓蒙紹介を広く行う。2006年にはそれらの業績と訳業に対し、当時のセルビア・モンテネグロ国より、勲二等ブーク・カラジッチ勲章を授けられた。2007年3月9日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

バルカン地域と関わっておよそ半世紀、日本におけるバルカン学のフロンティアによる旧ユーゴスラビアを中心とした歴史、文化、文学についての論考・研究・エッセイをまとめた書。NHKラジオ深夜便の“自伝的”インタビュー収録。