後ろから読むエドガー・アラン・ポー―反動とカラクリの文学

個数:

後ろから読むエドガー・アラン・ポー―反動とカラクリの文学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月21日 15時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784779112430
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C0098

内容説明

晩年の宇宙論『ユリイカ』を軸に、ポーの作品の社会性や政治性、文化的言説をたどり、アメリカ・ルネッサンス期を照射。作品の「カラクリ」を披露することで、読者に作品の読み方を誘導し、物語の虚構性を暴露するポーのメタフィクション性を浮き彫りにする。

目次

第1部 物語作家の挑戦―カラクリをしかけるポー(はじめに『ユリイカ』ありき―単純さへの熱望;楽園物語―詩人の夢;冒険物語―アーサー・ゴードン・ピムの反転する世界;美女物語―精神と肉体の相克;推理小説―芸術と大衆のはざま)
第2部 北部文壇への挑戦―反動からアメリカ文学創生へ(「眼」をめぐる物語(「私」の住処は頭か胴体か?;―信頼できない自己;見つめ返す眼)
ふたたび『ユリイカ』へ―収縮する宇宙/膨張するアメリカ)

著者等紹介

野口啓子[ノグチケイコ]
1985年津田塾大学大学院文学研究科博士課程満期退学。愛知県立大学外国語学部助手、専任講師、助教授を経て、津田塾大学学芸学部教授。この間ブリンマー大学へ留学し(1982‐83)、アマースト大学(1987‐88)およびワシントン大学(2001‐02)にて客員研究員として海外研修を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。