心をケアするbooks<br> 家族で往復書簡のすすめ―新しい父親像を発見するために

個数:

心をケアするbooks
家族で往復書簡のすすめ―新しい父親像を発見するために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月23日 16時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784779110221
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0311

内容説明

悩める家族に「家族療法」を実践する精神科医が、自らが実例となって、父親との往復書簡を始めた。食い違う記憶、見解の相違を検証しながら、新しい時代の父親・家族のあり方をさぐる。

目次

父と子では同じ事柄についての記憶や感じ方が違っていた
子どもは子どもなりの考えを持っている
なぜ父にこのような手紙を書くようになったか
父から見た子育ての反省と子の反論―叱ることと理解すること
父と対比しての教師の記憶
青年期の権威への対応
叱るということの意義―その根底に信頼感がなければ
親の期待と子の反応
父親の反省―親の責任について
家からの巣立ち
青年期のモデル追求とその成功・失敗
再び「権威」について
死をみつめることと自己を語ること
理念をかかげること、対話をすること
父の回想、さらに「理念」の問題について
これからの家族

著者等紹介

田村毅[タムラタケシ]
1957年生まれ。児童精神科医。東京学芸大学教授。思春期・青年期の心の問題、不登校やひきこもりの相談、家族療法を行なっている

田村鍾次郎[タムラショウジロウ]
1929年生まれ。教育心理学専攻。元上越教育大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。