巨乳の誕生―大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

巨乳の誕生―大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784778316051
  • NDC分類 384.7
  • Cコード C0095

内容説明

いつの時代でも大きなおっぱいが好まれていたわけではない。70年代にはユニセックスで華奢な体つきこそがファッショナブルであり、80年代のAV業界でさえも胸の大きなAV女優は人気を得ることができなかった。ようやく「巨乳」という言葉が誕生し、一般的に普及したのは1990年頃になってから。それまでは「ボイン」「デカパイ」「Dカップ」などと呼ばれていた。江戸時代から開国、敗戦、経済成長を経て現在、社会の「大きなおっぱい」の受け止められ方は、時代を反映して変わっていく。なぜ変わっていったのか。その理由と全貌をあきれるほどの調査で明らかにした革命的論考。

目次

序章 原宿に日本初の巨乳専門ショップがあった
第1章 巨乳をめぐる世界史
第2章 おっぱいは性的対象ではなかった
第3章 グラマーの襲来
第4章 ボインの時代ナインの時代
第5章 デカパイからDカップへ
第6章 巨乳の誕生
第7章 それは爆乳と呼ばれた
第8章 21世紀の巨乳たち

著者等紹介

安田理央[ヤスダリオ]
1967年埼玉県生まれ。ライター、アダルトメディア研究家、漫画原作者。美学校考現学研究室(講師=赤瀬川原平)卒。主にアダルトテーマ全般を中心に執筆。特にエロとデジタルメディアとの関わりに注目している。AV監督としても活動し、80年代よりモデルプランツ、野獣のリリアンなどのバンドで音楽活動も活発に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

249
献本で当選。生物学や社会学的な内容ではなく、あくまで「日本のメディアはこれまで女性のおっぱいをどのように表現してきたのか」ということに焦点があてられたメディアの変遷の歴史と言った方が正確。私が若いせいもあるかもしれないが、「巨乳」という言葉が一般化した歴史が思った以上に浅く、つい最近まで大きなおっぱいがマニア向けのものだったことが驚きだった。仕方ない部分もあるが、具体的な事例や事実関係の説明が多くて、個人的にはもうちょっと著者なりの解釈や分析、主張が欲しかった。2017/12/28

きいち

33
このテーマ、かつ今もエロメディアの現場にいる著者なのに、「上品さ」が感じられるのはどうしてだろう?歴史的に引いた視点からの出発というのは一因。江戸時代の日本では性的なものではなく春画での描写も淡泊、洋画で大きさが魅力として描かれるようになったのも戦後以降、エロの作り手もマニアのみ。90年代以降の見る側との共闘で今がある。日本人女性の体形の変化も同時って、へえ、そんなに変わってたのか…。◇決して事務的な書き方じゃなくて、それこそ誰に魅力を感じたとか当事者語り、自己客観視が強いのがよいのかな、貴重な書き手だ。2018/11/20

おかむら

25
大きなバストがどう呼ばれてきたのか、グラマー→ボイン→Dカップ→巨乳→爆乳と時代を追って検証。シモ系文化史楽しい! 江戸や明治までは日本人はあんまり胸に興味なかった、とか、Dカップの日米差、とか、胸の大きい女性は頭悪い神話、とかいちいち興味深いわー。戦後公開された伊映画「にがい米」主演女優シルヴァーナマンガーノの「凄まじい肉体迫力! 女の体臭と官能にぶち抜く」ってキャッチコピーがすげえ!さらにニックネームは「イタリアの原爆女優」…。昭和ってすごい時代だったのねー。画像が無いのでスマホで調べながら読みました2019/02/28

梟木(きょうぼく)

19
女性の「巨乳」が男性たちの間でどのように受容され消費されてきたかを、アダルトメディア史を中心に繙く。この手の本にありがちな「巨乳の文化史」的なものを期待して手に取ると生々しいAV女優や作品名の羅列に面食らうことになると思うので、その点は注意。とはいえ「江戸時代の日本人にとって乳房は性的対象ではなかった」という基礎的事実を踏まえつつ、いかに女性の胸が性器として「発見」されていったかという流れはやはり興味深くもあり。「巨乳」というアイコンでさえ、その価値は普遍的なものではなく時代の波に翻弄され続けたのだ。2018/02/05

toshi

15
献本で当選した本。日本人が、また世界中の男性たちが、女性の胸に対して歴史上どう考えてきたかを考察した一冊。江戸時代において女性の胸は単に子供に乳を与えるための存在で性の対象ではなかったというところから始まって、海外の事情にも多少触れつつ、現代に至るまでのとらえられ方を主にアダルト系のメディアを中心に解説されている。女性の胸がどう呼ばれてきたか、その原点は何なのかと多くの資料にあたって詳しく調べた内容が一つの主題となっているが、それにまつわる様々な事柄についてもかなり掘り下げて研究されている。(→続く)2018/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12455413

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。