atプラス叢書<br> だめだし日本語論

個数:
電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり

atプラス叢書
だめだし日本語論

  • ウェブストアに22冊在庫がございます。(2017年10月18日 23時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784778315788
  • NDC分類 810.4
  • Cコード C0095

内容説明

日本語は、そもそも文字を持たなかった日本人が、いい加減に漢字を使うところから始まった―成り行き任せ、混沌だらけの日本語の謎に挑みながら、日本人の本質にまで迫る。あっけに取られるほど手ごわくて、面白い日本語論。

目次

日本語のできあがり方―鎌倉時代まで(文字を持たなかった日本人;日本語のDNA螺旋構造;外国に説明できない日本史;学問に向かない日本語;日本語は「意味の言葉」ではない ほか)
日本語の壊し方―室町以後(幽霊が主役の能;江戸の印刷文化;武士が歴史をつくらなかったから天皇制につながった;漢字とナショナリズム)

著者紹介

橋本治[ハシモトオサム]
1948年生まれ。小説・評論・戯曲・古典の現代語訳・エッセイ・芝居の演出など、ジャンルにとらわれず精力的に活動

橋爪大三郎[ハシズメダイサブロウ]
1948年生まれ。社会学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件