封印作品の謎〈2〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

封印作品の謎〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月01日 01時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784778310066
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0095

内容説明

「失われた物語」は、まだ存在する。あらゆる“名作”が発掘・復刻され尽くされつつあるなか、それでもいまだ目にすることができない一部の作品たち。長大なシリーズとして多くの人々の記憶に残りながら、その一部だけでなく、シリーズ全体がなかったことにされている物語。ほんの数年前まで再放送されながら、今ではフィルムが存在するかどうかすら確認できない物語。そして、国民的知名度を誇りながら、誰も知らないあいだに消されていた物語。彼らは、なぜ「封印」されたのか…?戦後の特撮、マンガ、アニメを中心に関係者の証言を徹底的に集め、その“謎”に迫る。大反響を呼んだ新世代ルポルタージュ、待望の第2弾。

目次

第1章 引き裂かれたリボン(『キャンディキャンディ』)(『冬ソナ』の影で;プリクラから始まった混乱 ほか)
第2章 悲しい熱帯(『ジャングル黒べえ』)(「ちびくろサンボ」復活の一方で;抗議は本当にあったのか? ほか)
第3章 怨霊となったオバケ(『オバケのQ太郎』)(消された思い出;理由の見えない全面封印 ほか)
第4章 ウルトラとガンダムの間に(『サンダーマスク』)(発狂したヒーロー;迷作か名作か ほか)

著者等紹介

安藤健二[アンドウケンジ]
1976年埼玉県生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学第一文学部を卒業後、産経新聞社に入社。さいたま総局、デジタルメディア局などで記者業務に就く。04年2月に退社し、単行本の執筆活動を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「禁じられた物語」はまだ存在する。あの国民的名作も消されていたーー発掘/復刻ブームも最終段階に入った現在、それでもまだ目にすることができない一部の作品たち。その知名度とは裏腹に「なかったことにされている」これらの物語は、いったいなぜ封印されたのか ?  シリーズ待望の第2弾。


第1章  引き裂かれたリボン(『キャンディ・キャンディ』)
第2章 悲しい熱帯(『ジャングル黒べえ』)
第3章 怨霊となったオバケ(『オバケのQ太郎』)
第4章 ウルトラとガンダムの間に(『サンダーマスク』)

第1章 『キャンディ・キャンディ』編
『冬ソナ』の影で/プリクラから始まった混乱/裁判へ/『キャンディ』誕生の背景と講談社/判決の行方/増殖するグッズ/単行本とアニメも巻き添えに/裏目に出るキャラクタービジネス/漫画原作システムのはらむ矛盾/そして2人の母親が残った

第2章 『ジャングル黒べえ』編
「ちびくろサンボ」復活の一方で/抗議は本当にあったのか?/「忘却」する関係者たち/黒人が消えた日/抗議する側とされる側、それぞれの立場/ 「黒人差別をなくす会」とは/現在の「なくす会」の対応/ステレオタイプな楽園/タブーとなったキャラクター

第3章 『オバケのQ太郎』編
消された思い出/理由の見えない全面封印/スタジオ・ゼロの時代/抹消される合作/87年、コンビ解消前後/出てこれないオバケ/さよならもいわないなんて

第4章 『サンダーマスク』編
発狂したヒーロー/迷作か名作か/1人歩きする噂の数々/フィルムはどこだ?/未来を知らなかった約束/創通エージェンシーの封印された過去/ウルトラマンを超えて/ガンダムに倒された男