極限力 - Beyond Self

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784777952908
  • NDC分類 782
  • Cコード C0075

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

マリリン

20
16名のアウトドアランニングアスリートが、それぞれの体験の中で見えた極限力を語っている。経歴も競技へのアプローチも違うが、一貫して感じた事は無心になる事と、ポジティブ・シンキングそして独自の発想だ。余禄の「右脳で走れ」は、特に興味深い。モーツアルトやフッサールの言葉も引いている。特に死の淵を体験する事は、絶頂体験・至高体験と通じるものがある。そこから新たに意外なものが生まれる。やや読みにくい感があるものの、内容は神秘的だ。各アスリートの経歴もおもしろい。2018/10/23

14
人間って極限状態になると野性に近付いていくものなんだな。感覚が鋭くなっていくというか。最初、この人たちは超人なのか鉄人なのかと思ったけど、人間の奥深くに入っていっている人たちなんだと思った。2020/02/20

ランフランコ

7
極限力=限界突破力ということだが、その観点では正直あまり印象に残らない。それよりもトレイルランニングというものに非常に興味をそそられる。ゴールした先に見える景色は確かに違うのだろう。その達成感たるやきっと言葉にはならず、止みつきになるんだろう。多くの人が鏑木毅さんに影響を受けているようだが、その鏑木さんが収録されていない。鏑木さんが気になってしょうがないわ。2020/02/21

DEE

5
16人の山岳ランナーが限界について語る。 単なる精神論に止まらない面白い内容もあるのだけど、レイアウトが特殊過ぎて入ってこない。 入り乱れるフォントの種類とサイズ、やたら広い余白の割に小さいメイン文章。 意図不明の斜めに配置された写真。 脚注に至っては悪意すら感じる読みにくさ。 まぁ、こういうのは人それぞれなんだろうけど、それにしてもね…2019/03/28

zip-bear

1
エリートランナー達は何考えて走ってるんだろう?? トレイルの魅力にハマると誰しも思うこの疑問にヒントをくれる。限界を超えると見える世界の描写が実に興味深い。ある者は「野生」と、ある者は「特別室」と、そしてある者は「自分の分身が前を走り、それを辿る感覚」と表現するーーああ、体験してみたい!しかし、よく言われるが、疲れると、脳は「やめる言い訳」を次々と考え出し、身体もあちこち痛くなる。それは、ダマされてはいけないまやかしなのか、本当にやめるべきサインなのか。その峻別は問われる(本書に明示的な答えはない)。2018/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13127378

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。