LEICA,MY Life

個数:

LEICA,MY Life

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月19日 11時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784777930487
  • NDC分類 740.4
  • Cコード C0072

内容説明

ライカとともに半世紀を歩んできた写真家が撮り、ライカの本当の魅力を語る。ライカで撮影した珠玉の作品108枚、ライカ人生を語った27のエッセイ、作家・沢木耕太郎氏との対談を収録。

目次

WIEN1973‐1980
1967年11月5日、人生で初めてライカを手に入れた日
初めて手にしたライカの第一印象
ライカ以前、音羽時代のカメラの原体験
フリーになって買ったライカ3型の思い出
ライカと共に、世界の果てへ
ライカに入れるフィルムを旅先で買う
銀塩からデジタルの流れは絶えず連続している
もうひとつのライカ人生を生きること
ライカがもたらす「写真表現者という放蕩生活」〔ほか〕

著者等紹介

田中長徳[タナカチョウトク]
1947年東京都文京区音羽生まれ。1966年、日本大学芸術学部写真学科へ入学。1969年、銀座ニコンサロンで史上最年少で個展を開催。1970年、日本デザインセンターへ入社。1973年、オーストリアのウィーンへ渡り、1980年帰国。1982年から1年間、ニューヨーク近代美術館へ文化庁派遣芸術家として写真研究を行う。1989年、チェコのプラハにアトリエを構え、世界各地で個展を開催。写真家、カメラ評論家として活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。