森敦との時間

個数:

森敦との時間

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月22日 17時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784777710133
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

二〇一二年、生誕百年を迎えた作家森敦。その放浪の半生と名作『月山』誕生秘話を初めて明かした二〇〇四年刊の前作『森敦との対話』は、六二歳、史上最高齢で芥川賞を受賞した異才の謎の素顔と驚愕の真実を明かし、大きな反響を呼んだ。本書は、受賞後遅れてきた異色の人気作家となった敦の、奇矯な日常生活、小島信夫等、作家達との関係、恐るべき文学理論の秘密、スキャンダラスな逸話、病、飽くなき執筆への情熱、更なる代表作『われ逝くもののごとく』完成秘話…そして、晩年の凄絶な老いの日々と衝撃の死までを作家の最も身近にいた著者が綴った渾身の評伝小説である。

著者等紹介

森富子[モリトミコ]
1933年5月4日、福島県生まれ。文学を志し、出版社勤務の傍ら、森敦の関わる同人誌に参加。森と文学上の師弟関係となり、森夫妻と親しく接する。指導はするが一作も書かない森を永年に亘り叱咤激励、十年の年月をかけて完成した芥川賞受賞作『月山』刊行に関わる。後、森の養女となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

生誕百年で再評価の天才作家、感動の評伝
名作『月山』で史上最高齢の芥川賞作家となった森敦の最晩年を描く、衝撃と感動の評伝。奇矯な日常生活、作家・文壇秘話、恐るべき文学理論の秘密、病と死…。胸に迫る作家の業と人間の悲しみ。