「説明が上手い人」がやっていることを1冊にまとめてみた

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

「説明が上手い人」がやっていることを1冊にまとめてみた

  • ウェブストアに36冊在庫がございます。(2024年02月21日 08時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784776211884
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0030

出版社内容情報

以下、著者の「ハック大学 ぺそ」が実際に試して
「使えなかった説明法」です。

●ロジカルトーキングで理路整然と伝える
●相手に思いが伝わるように熱意を込める
●必ず結論から端的に話す
●相手の話を遮らないように相槌を打ち続ける
●相手が理解しやすいようにまずは詳しい状況説明をする
●上司が判断しやすいように起きたことを時系列で話す
●モレがないように知っていることは全て話す
●ビジネス用語や横文字を駆使してカッコよく説明する
●指示する場合は「やること」だけを端的に伝える
●有名経営者のような華麗なプレゼンで魅了する
この10個の「使えなかった説明法」、みなさんはどんな感想をお持ちでしょうか?

「確かに、それダメそう」という項目もあれば
「何で、それがダメなの? 私もよくやってるよ」と思う内容もあるかもしれません。

なぜ、ダメなのか?

詳細はこの本の中でご説明しますが、一例を挙げてみます。
「ロジカルトーキング」は一見、マストな説明法のように思えるかもしれません。
もちろん、短い時間で端的に「報告」する場合は、それでいいケースもあります。
でも多くの場合、「論理だけ」だと、分かりにくい説明になりがちです。

例えば、いま流行りの「サブスク」について、あまり詳しくない人に説明する場合

「サブスクというのは、一定期間、定額料金を払うことで、
継続的に商品やサービスを利用し続けられるビジネスモデルです」

とロジカルに説明されたらどうでしょうか。
確かに正しい説明ではあるのですが、わかるような、わからないような、
相手はそんな受け取り方をするかもしれません。

一方で
「サブスクというのは、要は、1カ月単位の焼き肉食べ放題のようなもので、
飲食以外にも、ファッションや音楽配信などいろんなモノがある感じですよ」

と説明したらどうでしょうか。イメージしやすいですよね。

ポイントは左脳と右脳を両方働かせること。
自分たちの生活に身近なものに例えることで、「なるほど」と相手も納得してくれます。

このように、上手な説明には「コツ」があります。
ご心配なく、そんなに難しい話ではありません。
この本に載っている、いくつかのテクニックを覚えればいいのです。
「ちょっとしたテクニック」を身につけて、
上手に使い分けられるようになれば、誰だって説明力はぐっと上がります。

ぜひ、ご一読ください。

内容説明

数ある説明法を全部試して「これは使える」ものだけを紹介!ビジネスの最前線で結果を出し続けるすごい人だけが知っている簡単な「説明のコツ」教えます。

目次

1章 説明下手な人にありがちな4つの特徴
2章 「結局、何が言いたいの?」と言われなくなる方法
3章 「話がダラダラ長い」と言われてしまう人のためのメソッド
4章 相手になかなか納得してもらえない人のためのメソッド
5章 相手を思い通りに動かすテクニック
6章 手ごわい相手に「YES」と言わせるテクニック

著者等紹介

ハック大学ぺそ[ハックダイガクペソ]
1988年生まれ。主にYouTubeチャンネル「ハック大学」を通じて、仕事術、キャリア戦略などビジネスに役立つ情報を発信。専業YouTuberではなく、普段は外資系金融機関に勤める現役のビジネスパーソン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キナコ

31
話す内容にあわせて順序を変えていくのも大切。相手が納得するメリットもないといけないなど、分かりやすく自分でも相手からそういわれたら考えるなってことを、具体的な例と共に書かれているから分かりやすかった。プレゼン内容でのアドバイスなど、すぐに取り入れられそう。早速実践!2023/05/02

ドレミ

31
audibleで聴く。話をする際に押さえておきたい視点、言われてみれば…ということを!的確に言語化して表現する筆者に感心!これから話す際には、いろいろ気をつけていこうとおもわせてもらった1冊となった。2022/08/16

しん

25
人気YouTuberが書いた説明の技術に関する本でした。良くない例と良い例が示されていて、とてもわかりやすい本でした。でも、最初の章にある「説明下手な人にありがちな4つの特徴」をおさえると良い気がします。それと、準備が大切だと言うことだろうと思います。後で振り返ってみて、これはポイントと思う部分を抜き書きしておきたいと思います。2022/08/26

かず

20
★★★★Audible。2022/09/19

ふじあつ

18
★★★☆☆ PREP法は初めて聞きました。Point、Reason、Example、Pointの頭文字だそうです。結論、その結論に至る理由、理由の具体例や根拠、再度の結論・・・確かに凄く分かりやすそうです・・・というより無意識でそのプレゼンを作っていますね。でも、改めて文字にして起こされると次回から資料作りが楽になりそうです。あとは「わざと大事なところは話さない」という穴を作るのもいいですね。大学時代の研究発表はわざと穴を作って、教授にツッコませて、教授質問時間を乗り切った記憶があります。2022/08/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19392606
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。