日本人の「正義」の話をしよう―自熱教室in岡野工業

個数:

日本人の「正義」の話をしよう―自熱教室in岡野工業

  • ウェブストアに31冊在庫がございます。(2019年04月24日 12時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784776206514
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0020

目次

第1章 日本人の「正義」―何を大切に生きるのか?(「職人」だからわかることがある;頭の中の図面は、盗まれない ほか)
第2章 勉強の「正義」―何のために学ぶのか?(人間、丸くなったらダメだ;リスクを取らないと奴隷根性になり下がる ほか)
第3章 仕事の「正義」―何のために働くのか?(社長はトップセールスをやるべきだ;企業のトップは教養人でなければならない ほか)
第4章 生き方の「正義」―人として何をなすべきか?(花街には「節度」がある;テレビがいじめを作っている ほか)

著者等紹介

勝谷誠彦[カツヤマサヒコ]
昭和35年、兵庫県生まれ。コラムニスト、写真家。雑誌記者としてフィリピン動乱や湾岸戦争、カンボジアPKOなどを取材。フリーに転じてからは、戦場などの取材、食や旅のエッセイ、社会時評から小説まで健筆を振るう。電波メディアでも活躍中

岡野雅行[オカノマサユキ]
昭和8年、東京都墨田区生まれ。10代のはじめから家業の金型工場を手伝い、25年、本格的に父親の仕事に取り組む。47年、家業を引き継ぎ、岡野工業株式会社を設立。「技術的に難しくて誰にもできない仕事」と「安すぎて人が敬遠する仕事」をモットーとし、携帯電話の小型化に貢献したリチウムイオン電池ケースや、針穴の直径が0.08ミリという世界一細い「痛くない注射針」を量産化。「世界一の職人」「金型の魔術師」として知られる。平成15年、東京都功労者表彰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。