物語論序説―“私”の物語と物語の“私”

個数:
  • ポイントキャンペーン

物語論序説―“私”の物語と物語の“私”

  • 遠藤 健一【著】
  • 価格 ¥3,850(本体¥3,500)
  • 松柏社(2021/10発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)※店舗受取はキャンペーン対象外※
  • ポイント 175pt
  • 提携先に4冊在庫がございます。(2022年06月28日 00時44分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 323p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784775402832
  • NDC分類 901.3
  • Cコード C0090

内容説明

声と眼差しの物語論。古典的物語論からポスト古典的物語論へ。一人称小説の物語論の企てとは?

目次

第1章 物語論の臨界―視点、焦点化、フィルター
第2章 旅行記者から小説作者へ―等質物語世界的小説における内的焦点化
第3章 等質物語世界的小説の物語論―等質物語世界的語りの記述指標
第4章 範疇化の病―メタユートピア物語としての「フウイヌム国渡航記」
第5章 『青い目がほしい』における声の現象―ピコーラの声はクローディアには聞こえない
第6章 エクフラシス/ブリューゲル―“雪中の狩人”(1565)を読む20世紀の詩人たち
第6章 補論 「アキレウスの盾」の物語論―「詩は絵のように」の伝統の廃嫡

著者等紹介

遠藤健一[エンドウケンイチ]
東北学院大学文学部教授。英文学専攻。1948年宮城県生まれ。1977年東北学院大学文学研究科英語英文学専攻博士課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。