映画でわかるイギリス文化入門

個数:

映画でわかるイギリス文化入門

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月22日 23時07分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 339p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784775401385
  • NDC分類 302.33
  • Cコード C0074

内容説明

音楽、階級、教育、帝国主義、ファッション、文学、ユーモア…知っているようで知らない15のトピックを、イギリス映画30作品からあぶり出して徹底的に解説!!大好評『映画でわかるアメリカ文化入門』のイギリス版の登場!初心者にもわかりやすい一冊です。

目次

イギリス文化を知るための15のトピック(音楽;階級;教育;国民性 ほか)
イギリス文化を知るための30の映画(『戦場にかける橋』(1957)
『007』(1962~)
『アラビアのロレンス』(1962)
『大脱走』(1963) ほか)

著者等紹介

板倉厳一郎[イタクラゲンイチロウ]
1971年、京都生まれ。京都大学大学院博士課程修了、博士(文学)。現在、中京大学国際教養学部准教授。専門はイギリス現代小説、イギリス文化研究。論文“A ‘Happy Multicultural Land’ in Periodontal Terms:Zadie Smith’s White Teeth”『英文学研究』83巻1号(2006)が日本英文学会新人賞佳作に選ばれる

バートン,スーザン・K.[バートン,スーザンK.][Burton,Susan K.]
1966年、スコットランド生まれ。英国サセックス大学大学院博士課程修了、博士(歴史学)。現在、名古屋商科大学准教授。専門は社会史、オーラル・ヒストリー、比較文化論

小野原教子[オノハラノリコ]
1968年、大阪生まれ。京都大学大学院博士課程修了、博士(人間・環境学)。現在、兵庫県立大学経営学部准教授。専門は現代ファッション(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

チェ・ブンブン

7
入門書以上専門書未満といったところかな~。ある程度観てて、イギリス史のアウトラインを抑えていないと面白くないかも。しかし、映画をガチで観ること早5年。中坊の時に観て訳が分からなかった、「ゴスフォード・パーク」「アラビアのロレンス」の見方が分かって再見したくなった。また、「ブリジット・ジョーンズ」は「高慢と偏見」を観なきゃあかんかった事が判明(あっ英語版10ページで挫折したやつだ...)し、反省した。2013/05/22

nranjen

5
図書館本。トピックが奥深く面白かった。大脱出や戦争ものいくつか見てみたい…。ブリジット・ジョーンズの元ネタは偏見と高邁だったのですね。アナザーカントリーの解説を読んで自分の専門となかなか近いことを知りました。良書。2020/09/06

きりぱい

5
深い!深すぎてうれしい読み応え。現代映画にも根強く表れるイギリス独自のバックグラウンドを知ることが出来る。映画ごとの解説は、文学作品や俳優の詳細にまで渡り、文化や歴史が面白く学べる。007のジェンダー観、ビートルズの真実、トレインスポッティングの背景や、恋におちたシェイクスピアのユーモア、ネバーランドのまさか!などなど、映画の見えざる真実に唸り感心すると同時に、今までの観方が浅かったことにも気付かされたりする。イギリスを知るならこれだ!の1冊。2009/06/01

Lily ※amazon不買運動中

4
放っておいた本だけれど、分かりやすくためになる隠れた良本だと思う。はっきり言って新書版で出ているイギリス文化入門書よりも、そうなの?と思うことが多かった気がする。映画を題材にしてその内容を説明しようとすると、おのずと文化を深堀りできるからかな。 近くて遠い国イギリスには知らないことがたくさんあった・・・。 イギリス旅行に行かなかったら読まなかっただろう。姉妹本の「アメリカ文化入門」もあるそうなので、もう知ってるし、と切り捨てずに読もうかなと思っている。気が向いたら。2015/05/12

NANA

4
アメリカに続いて、イギリス版も通読してみました。なかなか知ることができなかったUK文化を知るキッカケができて、満足。文化や歴史が映画にも多分に影響があるんだなあ〜思った。もっとたくさんの英国映画も観てみたいと思ったのでした。2015/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/57730
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。