写真でみる英国の大聖堂とゆかりの猫たち

個数:

写真でみる英国の大聖堂とゆかりの猫たち

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月22日 03時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 160p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784775320525
  • NDC分類 523.33
  • Cコード C0071

出版社内容情報

クリエイター必見!
イラスト・漫画の資料になる
美しき大聖堂の魅力に迫る
大聖堂(カテドラル)を中心に教会や個人礼拝堂を、外観から装飾のクローズアップの写真で紹介。

内容説明

クリエイター必見。イラスト・漫画の資料になる美しき大聖堂の魅力に迫る。大聖堂を中心に、教会や個人礼拝堂を紹介しています。外観から装飾のクローズアップまで写真が満載。

目次

イングランド国教会のなりたち
用語(建築)
用語(宗教)
教会建築様式の変化
イングランドのカテドラル(サザーク・カテドラル;グロスター・カテドラル;ダラム・カテドラル;ウェルズ・カテドラル;ノリッジ・カテドラル;エクセター・カテドラル;サウスウェル・ミンスター;カンタベリー・カテドラル;セント・ポール・カテドラル;ヨーク・ミンスター;ウィンチェスター・カテドラル;ウェストミンスター・アビー)
その他(ロスリン・チャペル;セント・フィリップス・チャーチ)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

149
タイトルに魅かれて読みました。大聖堂がメインで、猫はとってつけた感じです。売らんがために猫を登場させているにも関わらず、本書を建築のコーナーに並べていたら売れるはずないにゃあ(=^・^=) http://www.shinkigensha.co.jp/book/978-4-7753-2052-5/2023/08/07

timeturner

4
教会建築の話が多いけど、一般人が退屈せずに読める範囲の知識にとどめ、専門的すぎず、写真もきれいなので、気楽に楽しく読めた。重厚な石造りの建築写真に圧倒されそうになるとモフモフした猫が出てくる、そのバランスもよかった。それにしても、世界中どこに行ってもキジトラやハチワレや茶トラがいるのって考えてみるとすごくない? 毛色が違う、目の色が違うといった理由で差別されたり苛められたりしない。人間もそうなればいいのに。2023/09/11

かきょん

3
眺めるだけで旅行気分が味わえる。カテドラルにすむ猫はきままで可愛い。SNSを持ってることに驚いた。 歴史も載っているので勉強にもなる。2023/11/03

kaz

1
ハリーポッターのロケ地になったような場所が数多く。猫の写真も可愛い。図書館の内容紹介は『英国の大聖堂には猫が暮らしている? サザーク・カテドラルなど猫とゆかりのある大聖堂や、地域の教会、伯爵家の個人礼拝堂を写真で紹介。外観から装飾のクローズアップまでの様々な写真から、美しき大聖堂の魅力に迫る』。2023/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21430802
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。