Roman Fantastique<br> 夢遊病者と消えた霊能者の奇妙な事件〈下〉―探偵ジェスパーソン&レーン

個数:

Roman Fantastique
夢遊病者と消えた霊能者の奇妙な事件〈下〉―探偵ジェスパーソン&レーン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 19時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784775318577
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

舞台は霧深いヴィクトリア朝のロンドン。
少年のような風貌だが俊敏にして博識なジャスパーと、
心霊現象研究協会の元職員ミス・レーンが、
続々と霊能者が失踪する怪事件に直面する。
『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者、J・R・Rマーティンが
「コナン・ドイルも認めたに違いない」と称賛する
オカルト・ミステリの快作!

内容説明

夜毎、霧深いロンドンで開かれる降霊会。公演を控えながら消えていく霊能者たち。諮問探偵と助手は徐々に、夢遊病と連続失踪事件を結ぶ人物に迫っていく。だが、ミス・レーンが何者かに誘拐された!相棒の救出に焦操するジャスパー。ミス・レーンの、そして霊能者たちの運命は?『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作者、G・R・Rマーティンが「コナン・ドイルも認めたに違いない」と称賛する、オカルト・ミステリの快作!

著者等紹介

タトル,リサ[タトル,リサ] [Tuttle,Lisa]
米国のSF作家。フェミニズム研究家。70年代に短編SF小説を発表後、G・R・R・マーティンとの共著『翼人の掟』(1982年、集英社)でローカス賞受賞。ほか、ネビュラ賞、英国SF協会賞などの受賞歴がある。ノンフィクションの著作もある

金井真弓[カナイマユミ]
英米文学翻訳家。フィクション、ノンフィクション合わせ訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あたびー

39
#日本怪奇幻想読者クラブ 上巻から打って変わって、ミステリー色よりオカルト色が強くなりました。(実は内容分からず読み始めたので、上巻を読んでいる間は普通のミステリーだと思っていた😅)犯人は途中から明らかになり、動機も明らかに。集められたのは霊能者と言うよりESP。主人公のダイにも気づいていないだけで能力があり拉致られてしまう。ダイが犯人の力から逃れようと抗う様子がクライマックス。解決後には早くも次の事件が!2021/09/23

かもめ通信

19
これは余談だが、さすが『フェミニズム事典』の著者リサ・タトルの作品だけあって、ありがちなジェンダー設定を回避するべく、いろいろなところに気配りが感じられた。2021/04/26

harutamano

14
んっほ〜!面白かった〜!探偵としてダブルスで戦うジェスパーソンとミス・レーンの豪快なスマッシュに拍手喝采🌟上巻ではどう転ぶのか見極めにくかった心霊現象の落とし所に、なんですとー!とめくるめくパノラマ奇譚。ヴィクトリアン冒険絵巻楽しませていただきました!! 2021/03/28

ルシュエス

13
レーンが…事情があるとは言え、感情的になったり予兆があったのに引っ掛かったりで、助手向いているのかな?;と思いました。まぁ良好な関係を築けていて、最後にはナイスな立ち回りをするのですが…。 上巻から霊感商法が絡むのかと思いきや、けっこうスピリチュアルでした。2021/07/23

しのぶ

7
私はすべてを「科学的に」「正しく」解釈する必要なんてないし、「摩訶不思議なもの」というのは存在するだろうと思うし、そのくらいの「余白」があった方が人生楽しいと思う方なわけですが、それでももう少しこう、なんらかの説明があるものだと思っていたので、ちょっと意外な展開でした。あの幕切れは少々あざとすぎるような気もしましたが、とにもかくにも2人の物語をもっと読みたい! つづきが出るのを待つ間、前日譚となる短篇「贖罪物の奇妙な事件」『幻想と怪奇1』(新紀元社)も読んでみようと思います。2021/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17594497

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。