中世ヨーロッパの武術

個数:
電子版価格 ¥3,080
  • 電書あり

中世ヨーロッパの武術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月17日 13時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 671p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784775309469
  • NDC分類 789
  • Cコード C0022

内容説明

中世ヨーロッパの戦闘教本。ロングソード術やレスリング、レイピア術など、中世・ルネッサンス期における剣術・格闘術のすべてを図解。

目次

第1部 概説(中世から近世までの戦闘様式の変遷;フェシトビュッフとは?;ヨーロッパ武術の基本理念;構えとは?;攻撃線とは? ほか)
第2部 技紹介(ロングソード;レスリング;ダガー;ハーフソード;殺撃 ほか)
付録

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

姉勤

33
先入観として、金属鎧の大男が重剛な長剣で叩きつける、フェンシングのつつきあいの決闘程度だったが、本書で蒙を啓かれた。ルネッサンス期頃までのヨーロッパに置ける多彩で強力な武技を、当時の指南書をイラスト付きで復刻。日本の組打ち、介者剣術や、柔術に優るとも劣らないこれらの優れたアーツが廃れたのは、中世から近代まで延々と戦争を続けたヨーロッパにおいては、携帯銃器の発達、銃剣の発明、強力な火砲の重用により、武技が不要となり、逆に武術が広く深く残った日本は、江戸数百年の天下太平によるものとは、皮肉でもある。2014/04/21

なつきネコ

10
西洋剣術をナメてた。まさに精密で合理的で応用力が半端ない。レイピアの構えは、日本なら丹田がなんたらと言われるだろうが、確かに合理的ですごい。それにロングソードの応用力、合理的な考えは日本剣術以上かもしれない。しかし、日本と西洋では組み技が発展したのは鎧の文化がより強かったと言うことだろうか、興味深い。しかし、これほどの文化を捨てたのは勿体ない。なんとなくだが、その合理的なゆえに滅び消えたのだろう。だから、妙に伝統を守ろうとしたジョージ・シルバーが気になり、尊敬してしまいました。2013/07/11

はなひげ

8
図解がすごくわかりやすいし、絵がすっきりしていて、中世ヨーロッパにありがちな見苦しさがないのが良いです。2014/05/22

ぎがす

7
小説とかTRPGとかのネタに使えそう。スペイン流レイピア術の構えがめちゃくちゃ格好良かった。2013/09/01

井の中の恋

7
よく、ここまで調べたと感じました。 タガーの持ち方の理由、種類の解説。特に参考になったのは、日本では、使われない、バックラーの解説と使用方法で、図も解りやすかった。 2013/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4657483

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。