「お口のリハビリ」がよくわかる本―摂食嚥下障害でもう悩まない

個数:

「お口のリハビリ」がよくわかる本―摂食嚥下障害でもう悩まない

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2020年01月20日 22時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 185p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784774518213
  • NDC分類 497.9
  • Cコード C0047

内容説明

「食べる楽しみ」をいつまでも。「食べる力」が「生きる喜び」をもたらし「元気な100歳」をつくる。「お口のリハビリ」で誤嚥性肺炎を防ごう!

目次

1 「うまく飲み込めない」「食事中によくむせる」は危険信号(最近よくむせる、咳き込む、ということはありませんか?;噛む力も老化で弱まっているかもしれない;放置すると、誤嚥性肺炎の引き金になることも ほか)
2 食べる力が、健康で長生きを実現し、人生を豊かにする(食べるとき、お口と喉はどう動いているのか;摂食嚥下機能を調べる検査がある;食べる力が衰えた人をサポートするときの基本 ほか)
3 「お口のリハビリ」で、嚥下障害を防ぎ、元気で長生き(お口のリハビリの担い手としての“訪問歯科診療”;訪問歯科診療を受けるまでの流れ;お口のリハビリで誤嚥性肺炎、脱水、低栄養を防ぐ ほか)
4 訪問歯科診療に取り組む、「お口のリハビリ」の名医たち

出版社内容情報

「食事でむせることが多くなった」
「自分の唾液で咳き込みやすくなった」

あなたは大丈夫でしょうか?
ひょっとして、飲み込む力が弱くなっているのかもしれません。

食べ物などを「飲み込む力」は生きていくうえで欠かせないものです。
しかし、年を取るとだんだん衰えていきます。

飲み込む力の衰えが怖いのは、それが誤嚥性肺炎につながるからです。
また、食べる力が低下すると、食べられるものが限られ、栄養不足(低栄養)を招きます。
とくに、たんぱく質が不足すると、筋肉量が減り、全身が弱っていきます。

この状態はオーラルフレイルと呼ばれています。
まさに「老化は口から始まる」といえるでしょう。

だからこそ、本書では「お口のリハビリ」をおすすめしています。
口の体操、舌の体操、咳き込み体操、唾液の分泌を促すマッサージなど、すぐに実践できる方法をいろいろとご紹介しています。