シリーズ紙礫<br> 文豪たちの関東大震災―Literati and the Great Kanto Earthquake

個数:

シリーズ紙礫
文豪たちの関東大震災―Literati and the Great Kanto Earthquake

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月23日 05時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 368p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784774407937
  • NDC分類 918.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

芥川龍之介とその妻の目から見た発生当時の状況。室生犀星、川端康成の目に映じた芥川。京都から被災地・東京へ向かう志賀直哉。泉鏡花の避難模様。竹久夢二、宮武外骨によるルポ。尾崎士郎が書いたモデル小説と、同棲していた宇野千代が見た実態……。関東大震災に関する小説や随筆、短歌、詩、戯曲、体験記などを集めました。俳優・沢田正二郎の体験記「難に克つ」や、在日朝鮮人を主人公にした異色作「皮肉な報酬」(加藤一夫)も収録。



編者による40頁に及ぶ解説、「関東大震災」関連雑誌記事リストに加え、さらに「関東大震災」に関する作品を読みたい人のために、延べ2000タイトルに及ぶ関連作品リスト(「図書」「雑誌」「アンソロジー」の3部構成)へのQRコードを付けました。

内容説明

文豪たちは自身が目にした災害をどう描いたか?「大震前後」芥川龍之介、「追想 芥川龍之介(抄)」芥川文、「杏っ子(抄)」室生犀星、「大火見物」川端康成、「震災見舞(日記)」志賀直哉、「古簾」与謝野晶子、「露宿」泉鏡花、「長春香」内田百〓、「荻窪風土記(抄)」井伏鱒二、「震災余譚(一幕)」菊池寛、「難に克つ」沢田正二郎、「皮肉な報酬」加藤一夫など29編。

目次

1(大震雑記(芥川龍之介)
大震前後(芥川龍之介)
追想 芥川龍之介(抄)(芥川文)
杏っ子(抄)(室生犀星)
大火見物(川端康成)
芥川龍之介氏と吉原(川端康成)
震災見舞(日記)(志賀直哉))
2(古簾(与謝野晶子)
悪夢(与謝野晶子)
震災十首など(与謝野鉄幹)
東京災難画信(抄)(竹久夢二)
全滅の箱根を奇蹟的に免れて(谷崎潤一郎)
生きて行く私(抄)(宇野千代)
凶夢(抄)(尾崎士郎)
露宿(泉鏡花)
かの子と観世音(抄)(岡本一平)
鎌倉にて遭難(岡本かの子))
3(入道雲(内田百〓)
長春香(内田百〓)
荻窪風土記(抄)―関東大震災直後・震災避難民(井伏鱒二)
震災画報(抄)(宮武外骨)
火の子を浴びつつ神田橋一つ橋間を脱走す(菊池寛)
震災余譚(一幕)(菊池寛)
転換期の文学(抄)(横光利一)
汚ない家(横光利一)
難に克つ(沢田正二郎)
エプロンの侭で(西条八十)
大震災の一夜(西条八十))
4 皮肉な報酬(加藤一夫)

著者等紹介

児玉千尋[コダマチヒロ]
東京都生まれ。成蹊大学文学部日本文学科を卒業後、中央大学大学院西洋史専攻博士前期課程を修了。現在は大学図書館司書で、東京大学総合図書館、東京国立博物館、国立国会図書館、成蹊大学、共立女子大学等に勤務した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。