愛ゆえの反ハルキスト宣言

個数:

愛ゆえの反ハルキスト宣言

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 358p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784774406398
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

彼の長編小説から、どんな「雑音」が聞こえるのか?誰もが思っているのに、言葉にされてこなかったこと。アンチに転じた現役作家が、いま語り尽くす!村上春樹の何が「劣化」しているのか?

目次

序にかえて―村上春樹と僕
第1章 純真さと性的放縦(永遠にピュアな少年少女たち;エクスキューズとしての性的放縦 ほか)
第2章 当事者であることを回避する人々(定型句「やれやれ」の興亡;ネガティブな感情に対する障壁とエゴイズム ほか)
第3章 性と「萌え」をめぐって(反復される「遠隔性交」のモチーフ;セルフポルノ化する性描写 ほか)
第4章 駆動するオポチュニズム(複雑さと恣意性の間に;事実を無制限に多層化する伝家の宝刀 ほか)
終章 人はなぜ村上春樹を求めるのか
巻末資料 村上春樹全長編小説概観

著者等紹介

平山瑞穂[ヒラヤマミズホ]
1968年、東京都生まれ。立教大学社会学部卒業。2004年にデビュー作の『ラス・マンチャス通信』(角川文庫)で第16回日本ファンタジーノベル大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひめか*

22
村上作は2作ほどで合わないと思ったので、ほぼ読んだことがない。過去作を分析し、類型化して事細かに解説しており、こんなに熱を持って批判できるのは本当に愛ゆえなんだろうな。確かにどの作品にも似た傾向が見られ、頷けた。私が合わないと思った理由も平山氏が思うことの一つなのかもしれないと思った。でも何十年かの時を超えて再会する物語や宗教信者など、平山氏の作品に影響を受けている部分も大いにあると思う。逆に村上作を読んでみたくもなった。作品によって作風の違う平山氏にとっては、これほど類似した作品は考えられないだろうな。2023/05/17

もりの

9
冒頭読んで、「しっくりこないのは分かったけど、それで本まで書くか?」と思ってしまった。平山さんは好きだし、村上春樹アレルギーというのも分かるけど、それ以降読む気になれなかった。ほんと、憎めないから、タイトル通り愛ゆえに書いているんだろうなぁ2021/11/19

岸田解

1
平山瑞穂と村上春樹、どちらについても私はあまりいい読者とは云えないだろう。しかし、それでも「平山瑞穂が村上春樹について書いた本」を「読まないわけにはいかなかった」のだ。/村上春樹の長篇小説は(現時点での)全十四作の丁度半分、七作目の〈国〉で止まってしまっている。次の〈ね〉が、なかなかハードルが高いせいでもあり、本書の中で何度も出てくる表現に倣えば、「雑音」が気になってしまうからでもある。/ただ、終章の「サブカルチャー」に絡めた論述は、もっと時間をかけてより深く考察しても良かったのではなかろうか、と……。2017/11/26

山一工房

0
「愛ゆえの」とあるように、ときに感情的になり過ぎているようにも感じた。そもそも、村上春樹を純文学としてとらえること自体が間違っていると思うけど。純文学よりのエンタメみたいな感じがする。伊坂幸太郎のようになれればわかりやすかったんだと思う。ジャンル間を飛ぶコウモリみたいな存在。2022/10/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12186241
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。