ハンセン病文学全集〈第2巻〉小説2

個数:

ハンセン病文学全集〈第2巻〉小説2

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 505p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784774403915
  • NDC分類 918.6
  • Cコード C0391

内容説明

1926年~2000年までの74年にわたる、ハンセン病患者・元患者による作品の集大成。

出版社内容情報

戦前の「不治の時代」から、特効薬プロミンの登場により「治る病」となる戦後へ。療養所内の変化が本巻収録の18編の小説群から浮かび上がる。

森 春樹「汚れた金色」「祭りの前夜」「蛍光」「いけにえ」「雪の花は」「弱肉強食」
氷上恵介「オリオンの哀しみ」
甲斐八郎「九年間」「崖」「その日」「海の上で」「飢えの記録」
風見 治「鼻の周辺」「不毛台地」「不在の街」「絆影」
桜井哲夫「久遠の花」「盲目の王将物語」
加賀乙彦「解説」