「病いの経験」を聞き取る―ハンセン病者のライフヒストリー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 392p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784774403663
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C0036

出版社内容情報

ハンセン病者の「病いの経験」=主観的世界を、語り手との密な相互作用を通して描き出す、気鋭の社会学者によるライフヒストリー論の労作。社会学の新たな可能性を切り拓く。

第Ⅰ部 ライフヒストリーを聞き取るということ
 序章 フィールドに出る、ライフヒストリーを聞き取る――「わたし」の経験
  1 はじめに――ハンセン病・ハンセン病療養所について
  2 なぜ「わたし」はハンセン病療養所入所者の聞き取りをするようになったのか
  3 聞き取りという実践――ハンセン病とかかわる「わたし」の経験
  4 ハンセン病療養所入所者からライフヒストリーを聞き取るということ
  5 課題

 第一章 ハンセン病者研究の方法論的視座
  1 ハンセン病者のなにに焦点をあてるか
  2 「病いの経験」と「病いの語り」
  3 ライフヒストリーの方法論  

第Ⅱ部  ハンセン病者の「病いの経験」
 第二章 ハンセン病者にとっての「家族」
  1 はじめに
  2 ハンセン病療養所とその入所者の現況
  3 入所者と家族
  4 入所者にとっての「家族」とは

 第三章 「悔い」を生きる
  1 ある論評
  2 発病から療養所入所まで
  3 結婚
  4 在郷家族との関係
  5 「後悔すること」の意味

 第四章 「正直に」生きる
  1 独特のアイデにならない理由
  2 原告になることの苦悩――社会復帰者 沢口明さんの経験

 第八章 「訴訟期療養所」というフィールドで
  1 ハンセン病訴訟原告勝訴
  2 訴訟期ハンセン病療養所
  3 あるフィールドワーク
  4 フィールドワークを終えて
  5 差別をめぐる位置取り――告発、啓発、忌避、そして、向き合うこと

むすびにかえて
  1 語ることの困難さとその克服
  2 誰がどのように語りを聞くか――語りと社会的コンテクスト
  3 今後の課題

補遺
 ハンセン病政策史の概要
  1 戦前のハンセン病予防政策
  2 戦後のハンセン病予防政策
  3 「らい予防法」の内容
  4 「らい予防法」廃止
  5 「らい予防法」違憲国家賠償請求訴訟提訴と原告勝訴

文献一覧

資料

あとがき



内容説明

ハンセン病者の「病いの経験」=主観的世界を、語り手との密な相互作用を通して描き出す、気鋭の社会学者によるライフヒストリー論の労作。

目次

第1部 ライフヒストリーを聞き取るということ(フィールドに出る、ライフヒストリーを聞き取る―「わたし」の経験;ハンセン病者研究の方法論的視座)
第2部 ハンセン病者の「病いの経験」(ハンセン病者にとっての「家族」;「悔い」を生きる;「正直に」生きる;「六つの名前」を生きる ほか)
補遺
資料

著者等紹介

蘭由岐子[アララギユキコ]
1958年兵庫県生まれ。1983年奈良女子大学大学院家政学研究科修了。奈良女子大学博士(学術)。九州女子大学専任講師を経て、現在、賢明女子学院短期大学生活学科助教授。専攻は家族社会学、質的調査法、医療社会学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。