コーヒー豆を追いかけて―地球が抱える問題が熱帯林で見えてくる

個数:
  • ポイントキャンペーン

コーヒー豆を追いかけて―地球が抱える問題が熱帯林で見えてくる

  • 原田 一宏【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • くもん出版(2018/03発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(~8/31)
  • ポイント 28pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月03日 15時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 110p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784774326962
  • NDC分類 K619
  • Cコード C8061

内容説明

コーヒー豆は、熱帯や亜熱帯で広く栽培されています。そして世界じゅうに輸出され、コーヒーとして飲まれたり、スイーツなどに使われたりしています。だからコーヒー豆のことを調べると、地球上のさまざまな問題が見えてきます。熱帯林に何度も足を運び、森のようすや、そこに生きる人たちの暮らシを研究してきた著者が、調査や研究のようすを紹介しながらわかりやすく話します。

目次

第1章 コーヒーと人間の長い歴史
第2章 コーヒー豆は種なんだ
第3章 コーヒーは世界じゅうで人気者
第4章 コーヒー農園を訪ねる
第5章 熱帯林を守る
第6章 農民たちの生活
第7章 みんながゆたかに暮らすには
第8章 調査地に恩返しを

著者等紹介

原田一宏[ハラダカズヒロ]
1968年京都生まれ。アジアの熱帯の国々において、森林から見た地球環境、森林資源の管理や利用、森林とともに生きる人々の暮らしなどについて研究をしている。東京大学農学部卒業。東京大学大学院農学生命科学研究科森林科学専攻博士課程修了。博士(農学)。インドネシア林業省・自然保護総局(JICAインドネシア生物多様性保全プロジェクト長期派遣専門家)、(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)研究員、マードゥク大学アジア研究センター(オーストラリア)客員研究員、兵庫県立大学環境人間学部准教授を経て、名古屋大学大学院生命農学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。