くもんの児童文学<br> ぼくらのウソテレビ

個数:

くもんの児童文学
ぼくらのウソテレビ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月23日 18時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 79p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784774324784
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

内容説明

「うち、テレビあるよ」ぼくんちに、テレビがあるわけなんかないのに、そういってから、むねがドキドキしはじめました。大きなウソをいってしまったのです。

著者等紹介

ねじめ正一[ネジメショウイチ]
乾物屋の長男として生まれる。処女詩集『ふ』で第31回H氏賞受賞。初めての小説『高円寺純情商店街』(新潮社)で、第101回直木賞受賞。『ひゃくえんだま』(鈴木出版)で第4回けんぶち絵本の里びばからす賞受賞。『まいごのことり』(佼成出版社)で第15回ひろすけ童話賞受賞。『荒地の恋』(文芸春秋)で第3回中央公論文芸賞受賞。『商人』で第3回舟橋聖一文学賞受賞。小説、詩集、エッセイ、絵本、児童書など多方面で活躍中

武田美穂[タケダミホ]
『ふしぎのおうちはドキドキなのだ』で絵本にっぽん賞、『となりのせきのますだくん』で絵本にっぽん賞、講談社出版文化賞絵本賞、『すみっこのおばけ』で第6回日本絵本賞読者賞、『おかあさん、げんきですか。』(作/後藤竜二)で、日本絵本賞大賞、同読者賞(すべてポプラ社)。また子ども向け教育テレビ番組のキャラクターデザインなども手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

テレビがみんなの憧れだった時代。「うち、テレビあるよ」と見栄をはってウソをついてしまったぼくを救ってくれたのは、

「うち、テレビあるよ」
 ぼくんちに、テレビがあるわけなんかないのに、そういってから、むねがドキドキしはじめました。大きなウソをいってしまったのです。 (本文より)

テレビがみんなのあこがれだった時代。見栄をはってついてしまったぼくのウソ。そのウソを救ってくれたのは、大きらいだったあいつの、やさしいウソだった……。


直木賞作家のねじめ正一が、実体験をもとに紡ぎだす、ぼくらの友情の物語。

【著者紹介】
乾物屋の長男として生まれる。処女詩集『ふ』で第31回H氏賞受賞。初めての小説『高円寺純情商店街』(新潮社)で、第101回直木賞受賞。『ひゃくえんだま』(鈴木出版)で第4回けんぶち絵本の里びばからす賞受賞。『まいごのことり』(佼成出版社)で第15回ひろすけ童話賞受賞。『荒地の恋』(文芸春秋)で第3回中央公論文芸賞受賞。『商人』で第3回舟橋聖一文学賞受賞。小説、詩集、エッセイ、絵本、児童書など多方面で活躍中。武田美穂氏が挿絵を手がけた作品に『徳田さんちはおばけの一家』(講談社)がある。