東京駅をつくった男―日本の近代建築を切り開いた辰野金吾

個数:

東京駅をつくった男―日本の近代建築を切り開いた辰野金吾

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年06月04日 23時51分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784774323671
  • NDC分類 K289
  • Cコード C8095

内容説明

開業から100年をむかえた東京駅。駅舎の外まわりは、“赤い”れんがと“白い”石の帯。ドームの内部には、車輪や動植物など、さまざまなかざり。たくさんのアイデアをもりこんで、デザインした男とは…。

目次

第1章 武士の時代が終わる
第2章 二度目の絶望
第3章 耐恒寮の仲間とともに
第4章 工部大学校での学び
第5章 ヨーロッパ留学
第6章 まるで城のよう!日本銀行の建設
第7章 ライバル、妻木頼黄
第8章 だれにも渡さない東京駅の仕事
第9章 思いえがいた開業

著者等紹介

大塚菜生[オオツカナオ]
1967年、福岡県生まれ。「地球はぼくらのたからもの」で恐竜文化賞優秀賞。「第13回福島正実記念SF童話賞」大賞受賞作を『ぼくのわがまま電池』(岩崎書店)として出版。日本児童文学者協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

開業百年を迎えた東京駅。駅舎の外側は、赤いれんがと白い石の帯。たくさんのアイデアを盛りこみ、デザインした男とは……。

江戸時代が終わるころに、唐津藩(佐賀県)で下級武士の家に生まれ、まもなく武士の時代の終わりを体験。明治時代の初めには、まだ新しい学問だった建築学を東京で学び、大正時代にかけて、日本中にたくさんの建物を設計しただけでなく、大学で若手を育て、日本の近代建築を開いた辰野金吾。
彼が手がけた代表的な東京駅をはじめ、日本銀行や地方の銀行、私鉄の駅舎やホテル、発電所など、いまも全国に残る、二十をこえる建築物に近づくと、激動の時代を生きぬき、「建築」という世界の礎を築いた金吾に、まるで出会えたように感じられるかもしれません。

【著者紹介】
1967年、福岡県生まれ。現在、福岡市在住。「地球はぼくらのたからもの」で恐竜文化賞優秀賞。「第13回福島正実記念SF童話賞」大賞受賞作を『ぼくのわがまま電池』(岩崎書店)として出版。著書に、『ツシマヤマネコのひみつを追え』『きっと泳げるよ、カバのモモちゃん』(ともに汐文社)、『どんぐり銀行は森の中』(国土社)、『うちの屋台にきてみんしゃい』(岩崎書店)などがある。日本児童文学者協会会員。