読めば読むほど。―子どもたちを“本好き”にする本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784774304496
  • NDC分類 019
  • Cコード C0095

内容説明

どうしたら、子どもたちに、活字に親しんでもらうことができるか?永六輔一家は、どうやって本と出会い、読書をしてきたか?指折りの読書家の父と、その娘たちが、いま、本をめぐる熱い「想い」のなかから提言する、永家式「読書のすすめ」。

目次

1 読書の「いま」
2 「本」って何だろう
3 「読む」喜びと「集める」喜び
4 本を「読む」より、大切なことがある
5 「読む」喜びから、「見る」「通う」楽しさへ
6 子どもたちにしたこと、しなかったこと
7 さまざまな読書
8 子どもたちに「読み聞かせ」を!

著者等紹介

永六輔[エイロクスケ]
放送タレント、作家。1933(昭和8)年、東京・浅草に生まれる。生家は浄土真宗の末寺。早稲田大学文学部史学科中退。在学中、三木鶏郎主宰の冗談工房に所属。多数の放送台本・作詞を手がけ、以後、放送作家・放送タレントとして、幅広く活躍。また、メディアで仕事をする一方、曲尺・鯨尺の販売を禁止した計量法に反対するコンサートを開催するなど、社会・文化に対する提言や運動を、つねに民衆の立場からおこなっている。主な著書に、『わらいえて 芸能一○○年史』『昭和 僕の芸能私史』『あの世とこの世』(朝日新聞社)、『芸その世界』(文芸春秋)、『大往生』『夫と妻』『親と子』『嫁と姑』(岩波書店)、『もっとしっかり、日本人』『学校ごっこ』(NHK出版)、『明治からの伝言』『新篇 父と子』(筑摩書房)など多数。絵本に『こんにちは赤ちゃん』(すえもりブックス)がある。作詞した歌に、『黒い花びら』『上を向いて歩こう』『こんにちは赤ちゃん』『帰ろかな』『遠くへ行きたい』『見上げてごらん夜の星を』『いい湯だな』などがある

永千絵[エイチエ]
映画エッセイスト。1959(昭和34)年、東京・渋谷に生まれる。永六輔長女。成城大学文芸学部英米文学科卒業。中学生のころより、映画雑誌にエッセイを執筆。映画評論家の淀川長治氏とおすぎ氏に師事する。結婚後も、2男の母親として子育てをしながら、雑誌連載を中心に、映画を論じ、その素晴らしさを語りつづけている。主な著書に、『父と娘だけで……』(永六輔と共著・中央公論社)『いつもの場所で』(近代映画社)などがある

永麻理[エイマリ]
フリーアナウンサー。1961年(昭和36)年、東京・渋谷に生まれる。永六輔次女。慶応義塾大学文学部社会学科卒業。高校時代1年間アメリカに留学。フジテレビにアナウンサーとして入社し、ニュース番組・料理番組等を担当する。2年間のニューヨーク駐在を経て結婚後、退社。現在は、2男の母親として子育てをしながら、フリーアナウンサー、エッセイストとして活躍。主な著書に『お料理キャスター(秘)MEMO』(文化出版局)などがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。