beプログラミングBook<br> 小学校の「プログラミング授業」実況中継―「教科別」2020年から必修のプログラミング教育はこうなる

個数:

beプログラミングBook
小学校の「プログラミング授業」実況中継―「教科別」2020年から必修のプログラミング教育はこうなる

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2017年10月19日 00時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 144p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784774191034
  • NDC分類 375
  • Cコード C3055

目次

1 プログラミングを取り入れた小学校の授業、実際のところどうなる?(ついに必修化、プログラミング教育―位置付け、経緯と開始までの道筋;プログラミング教育の目的とねらい―自己表現とデジタルインテリジェンス;授業を始める前に―ICT環境とプログラミングツール;恐れずに子どもたちと一緒に取り組もう―授業のプロだからできること)
2 プログラミングを取り入れた授業、実況中継!(国語―四字熟語をアニメーションで表現しよう!;社会―ウィルスの感染/情報の伝達;算数―センサーロボットを用いた「不等号」の理解;理科―Minecraftで学ぶ回路のしくみ ほか)

出版社内容情報

3年後の2020年から、すべての小学校でプログラミングを取り入れた授業が導入されます。これから新学習指導要領に沿った教科書・教材が登場しますが、現時点では何もわからないと感じている先生・保護者が多いのではないでしょうか。本書では、「beプログラミング2 ~2020年大予測!小学校の授業はこうなる!?~」(BSフジ)をもとに、公立小学校におけるプログラミング教育を最前線で行っている現職・元校長が執筆・監修し、国語、算数、理科、社会、体育、図工・音楽、総合、英語の各科目でプログラミングを取り入れた授業を実況中継します。実際に授業で使える各科目指導案も必見。