生物ミステリーPRO<br> 白亜紀の生物〈上巻〉

個数:

生物ミステリーPRO
白亜紀の生物〈上巻〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月14日 07時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784774175409
  • NDC分類 457.357
  • Cコード C3045

出版社内容情報

これまで当シリーズでは、1冊に1つ、もしくは2つの地質時代をテーマにしてきました。しかし「白亜紀」はお伝えしたい情報が多いため、上下の2巻構成となりました。上巻には「おおむね」白亜紀前半、下巻には「おおむね」白亜紀後半の情報をまとめたものの、くっきりとした線引きはなく、上巻にも白亜紀後半、下巻にも白亜紀前半の情報を盛り込んでいます。本書は、シリーズ第7作目『白亜紀の生物 上巻』。大きな絶滅イベントが発生することなく始まる白亜紀。ジュラ紀の温暖湿潤な気候がそのまま引き継がれたため、“生物の天国”は白亜紀でも続きます。恐竜はますます栄え、陸上世界に君臨。一方で哺乳類も進化を遂げ、恐竜の幼体を襲うほどに力をつけていました。海においては、アンモナイト類が大繁栄の時代を迎えます。今回は、アンモナイト類をはじめとする無脊椎動物のために、たっぷり1章分もうけてあります。北海道や淡路島から産する魅惑的なアンモナイトたちの姿を、存分にご堪能ください。もちろん、恐竜やアンモナイト類以外の生物も多数紹介してあります。白亜紀の時代、主に前半とはどのようなものだったのか?恐竜衰退の前夜を見ながら、白亜紀の生物を俯瞰していきます。★本書のここを見てほしい★・直近の研究成果も余すこと無く。マニアな方々も納得の情報量。・世界各地の研究者・組織に協力を頂き、珍しい写真を豊富に掲載。・日本産の恐竜、海棲爬虫類等もばっちり。日本の白亜紀も楽しめます。・最新の見地による復元イラストが満載。見ているだけでもワクワクできます。

目次

1 羽毛恐竜の“聖地”
2 広大な恐竜化石産地「モンゴル」
3 「レバノン」、温かく浅い海の記録
4 “名脇役”たち
5 日本の恐竜たちと、その他の爬虫類
6 繁栄を極める爬虫類と、生き残りの動物たち

著者等紹介

土屋健[ツチヤケン]
オフィスジオパレオント代表。サイエンスライター。埼玉県生まれ。金沢大学大学院自然科学研究科で修士号を取得(専門は地質学、古生物学)。その後、科学雑誌『Newton』の記者編集者を経て独立し、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。