あたらしいWebマーケティングの教科書―最小の手間で最大の効果を生む!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 254p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784774171180
  • NDC分類 675
  • Cコード C3055

出版社内容情報

「Webサイトを作っただけでは成果はでないって本当?じゃあほかに何をやればいいの?」「やることが多過ぎて何からやればいいのかまったく分からない!」-そんな悩みに応えるのがこの1冊です。Googleのアルゴリズム変更(ハミングバード)、リスティング広告の変化、ソーシャル&スマホの潮流など、現在のWebマーケティングの必須知識、ノウハウを凝縮。Webマーケティングに関するセミナー登壇経験120回以上の著者が、無駄なく楽して最大の効果がでるWebマーケティング戦略をお教えします。

内容説明

基本の考え方、高品質なコンテンツ制作(Webライティング)、広告の効果的な使い方(リスティング広告)、検索エンジン対策(SEO)、ソーシャルメディア&メール活用術。Webマーケティングの必須知識を1冊に凝縮!本当に知っておくべきことがわかります。

目次

第1章 まずは「Webマーケティング」の全体像をつかもう
第2章 自社の強みを考えよう
第3章 すべての原動力となるWebサイト作りのポイント
第4章 広告を使って最速で結果を出す
第5章 検索エンジンで上位表示するSEOの技術
第6章 信頼関係を構築するためのソーシャルメディア&メール活用術

著者等紹介

西俊明[ニシトシアキ]
慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、独立後6年で150社以上のコンサルティングを実施、120回以上のセミナー登壇実績をもつ。中小企業診断士。FP技能士2級。初級システムアドミニストレータ。ITパスポート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Sat

2
仕事のために読了。なんの基礎知識もないので、読んで良かったが、うーむ。やらなきゃいけないことが山積みだ...。2021/03/14

K.T

2
マーケの担当役員になってしまった。さぁどうするという事で読み始めたはいいが、普段の忙しさにかまけて読み終えるのに時間が掛かってしまった。対象者が個人事業主向けなので少しズレてる部分はあったが、それでもリスティング広告の仕組なんかが分かりやすく書かれてあって非常に勉強になった。インターネットの世界はGoogleに支配されてるんだね。YahooもGoogleのシステムを使ってるとはねぇ。。GAなんかを使ってみんな分析してるけど、結局それも回り回ってGoogleのデータになる。恐ろしい仕組みだ。★★★☆☆2017/07/21

みぎつた

2
業務でwebマーケティング始めたから呼んでたんだけども、業務スピードの方が早くて読み切る前になんとなく中身わかってしまった笑 初学者向け。2016/08/01

やまと

2
WEBサイトの制作では、USP(ユニーク・セリング・ポジション)を考えることが大切。技術・ノウハウや実績・経験、想いをストーリーにし、顧客ターゲットを絞り自分ごとだと思わせ、数字を使って具体的なベネフィットを明らかにし、「キャッチコピー」を掲載することが重要と説いている。WEBデザインやSEO等の技術的な内容にとどまっていないのが本書のUSP?のように感じられた。2016/03/07

Mine

0
自社の強みUSPの把握と顧客目線の動線からリピーターやファンを作り出す基本のセオリーを元に流入量×CVR増大に導くリスティング広告手法やSEO対策におけるキーワードの選定方法・WEB配列などテクニカルまで平易に解説。本書に貫くのは徹底した顧客目線。それをWEB構築で実践するには立体的分析力と論理力が必要で良いお勉強になりそう。2017/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9406144

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。