知りたい!サイエンス
きのこの下には死体が眠る!?―菌糸が織りなす不思議な世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784774138732
  • NDC分類 474.8
  • Cコード C3045

内容説明

ある日、突然、地上に姿をあらわすきのこ。気がつくと足元に群れ開き、瞬くまに姿を消していくきのこ。そのきのこの下には何が眠っているのだろうか。菌界という大きな分類群をなすにもかかわらず、ほとんどだれからも、顧みられることのないきのこ。そんなきのこの暮らしぶりや、生態系での役割を、地球規模で紹介する。

目次

第1章 きのこの下に眠るもの
第2章 きのことは何か?
第3章 きのこの毒
第4章 きのこの繁殖戦略
第5章 きのこがつくる森
第6章 きのこと環境
第7章 きのこを研究する

著者等紹介

吹春俊光[フキハルトシミツ]
1959年福岡県生まれ。京都大学農学部卒業。農学博士。千葉県立中央博物館勤務。京都大学総合人間学部非常勤講師。1987年に千葉県の博物館の準備室、1989年から現在の所属となり千葉県のきのこを20年以上も調べてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

12
地上に出てくるキノコは実はキノコの本体ではない。と聞いてすごく驚いた。キノコの本体は地下にある菌糸で、地上に出るのは、動物にたとえれば「器官」でしかないのだ。そしてはっきり植物でも動物でもない、と書かれている。今では常識なのだが、菌類とはそういう生き物である。動物との共通祖先から分かれて9億年なのだとか。とにかく知らなかったことだらけ。勉強になりました。2014/01/20

ckagami

3
面白かった~! 生物の遺体や糞を分解するきのこ、そこでできたアンモニアを摂取するきのこ、北半球と南半球で形態は似ているけど交配しない別種のきのこ……菌根菌についてはもっと深く知りたい。微生物の多様性は土壌やそこに生える植物に影響を与える。ばらばらに生きているように見える生物をつなぐ役割としての菌類、捕食者としての菌類など、多様な生き方(?)も書かれている。毒を作るのはなぜかについてもちょっとわかる。著者がきのこが大好き過ぎて言っていることが常軌を逸していて面白い……2020/01/10

deltalibra

2
微妙にタイトル詐欺というかもう少し普通の題でよかったんじゃないかな2012/01/28

スケキヨ

1
★★★☆☆2009/07/13

黒胡麻

1
タイトルはおどろおどろしいが、キノコ全般についてわかりやすく解説してくれている本。植物と共生する菌根菌や、その共生関係に付け入る寄生植物の話が特に興味深かった。2013/07/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/185116

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。