Seasar2で学ぶDIとAOP―アスペクト指向によるJava開発

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 334p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784774128559
  • NDC分類 007.64
  • Cコード C3055

内容説明

本書はDI(依存オブジェクト注入)とAOP(アスペクト指向プログラミング)という2つの実装技術を中心とした、プログラミングの解説書です。

目次

アプリケーションアーキテクチャとDI/AOP
DI―依存オブジェクトの注入
コンテナの種類
AOP~共通の処理の組み込み
Webアプリケーション開発
ユースケースとアプリケーションアーキテクチャ
サンプルアプリケーションの構成と実行
表示画面の作成と表示テスト
編集画面の作成
編集処理の全体構成
S2Daoの利用
画面表示とビジネスロジックの実装
データ処理
HTML生成処理
完成に向けて―例外処理の実装

著者等紹介

arton[ARTON]
会社員プログラマ兼業ライター。垂直マーケット用ソフトウェアを扱うため、デバイスからメインフレームクラスまでカバーする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。