アフリカの女―パリに生きた日本人による「装飾をめぐる対話」

個数:

アフリカの女―パリに生きた日本人による「装飾をめぐる対話」

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月29日 02時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784773824018
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

パリに生きた日本人による「装飾をめぐる対話」。新しい美術小説の誕生だ。1925年のパリ国際博覧会で登場したアール・デコは第一次世界大戦の後の世界を拓いた。

著者等紹介

長者町岬[チョウジャマチミサキ]
1950年、東京幡ヶ谷に生まれる。東京藝術大学で美術史を学ぶ。1994年、「素材の領分」展で倫雅美術奨励賞受賞。しかし近年、芸術創造を歴史学として解明することに限界を感じ、芸術家の創造を自ら体験する欲望を抑えがたく、小説家に転身した。「アフリカの女」は、長者町の処女小説である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。