大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018公式ガイドブック

個数:

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018公式ガイドブック

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2019年10月18日 22時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784773818055
  • NDC分類 706.9
  • Cコード C0070

目次

TOPICS(現代を生きるヒントは、「中世」にある!企画展『2018年の“万丈記私記”』とは?;小林武史 交響組曲『円奏の彼方(Beyond The Circle)』―based on 柴田南雄「ゆく河の流れは絶えずして」 ほか)
芸術祭を見る 作品ガイド(信濃川・河岸段丘編;里山・土木編 ほか)
芸術祭を味わう(旅のインフォメーション;アートと「食べる」 ほか)
芸術祭を知る(里山とアートが導く地域の未来(関口芳史)
国内外に誇る芸術祭へ(福武總一郎) ほか)

出版社内容情報

この夏の越後妻有への旅に欠かせない情報をコンパクトにまとめた公式ガイドブック小さなモニターに詰まった情報と刺激で見飽きたはずの世界は、本当は予想もしない驚きに満ちている。

旅はそのことを気づかせてくれる。



まぶしいほどの太陽、その光と熱。

草木をざわめかせて風がよぎる、その音と匂い。

旅は自分を開く扉。



新潟県の南端、十日町市・津南町。

どこまでも連なる里山と、棚田の緑が、人を自然に還していく。

夏は太陽に圧され、冬は豪雪に埋もれるこの大地で、厳しい自然とともに生きてきた人間の、知恵と技術、思いと祈りが、田園に、森に、暮らしに、息づいている。

近代化の波は、この町に残酷だった。人は去り、または老いた。



けれども芸術が、越後妻有に新しい息吹を吹き込んだ。町には豊かな財産があふれていることを人々は知った。人々は芸術祭を待ちわびるようになった。

町に芸術が来てから、約20年。

そして今年、7回目の芸術祭を、越後妻有は迎える。



さあ、旅に出よう。

芸術と自然が共存する、美しい場所へ。

(本文より一部抜粋)



約380点にものぼるアートの中から、2018年の特色と注目作品などをわかりやすく紹介。廻りやすいルートに沿って、広大な地域を2つのパートに分け、7つのエリアごとに作品を紹介。オフィシャルツアーやセレクトバスツアーのほか、周辺エリアも含めたお食事処や宿など、この夏の越後妻有への旅に欠かせない情報をコンパクトにまとめた一冊。

北川フラム[キタガワフラム]
監修

大地の芸術祭実行委委員会[ダイチノゲイジュツサイジッコウイインカイ]
監修