ぼくは書きたいのに、出てくるのは泡ばかり―ペドロ・シモセ詩集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 140p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784773812152
  • NDC分類 961
  • Cコード C0098

内容説明

キューバ革命を背景に、連帯を求める急進的知識人として出発し、軍政下で亡命を強いられ、「言葉を喪う」哀しみを経て、遙か遠くの異郷から、故国の風景と人びとを謳う。そして、命を失いかけた交通事故をきっかけに生命の根源にある、男女間のエロスを謳い上げるに至る、ボリビア日系詩人の全軌跡。

目次

詩集『サルドニア』(一九六七)より
詩集『民衆のための詩』(一九六八)より
詩集『ぼくは書きたいのに、出てくるのは泡ばかり』(一九七二)より
詩集『消えそうな火』(一九七五)より
詩集『文字どおり』(一九七六)より
詩集『マキアヴェリ的熟考』(一九八〇)より
詩集『騎兵隊のボレロ』(一九八五)より
詩集『リベラルタとその他の詩』(一九九六)より
詩集『きみはそれを信じないだろう』(二〇〇〇)より

著者等紹介

シモセ,ペドロ[シモセ,ペドロ][Shimose,Pedro]
1940年、ボリビア国ベニ州リベラルタ市に生まれる。父は山口県からの移住者、母はリベラルタ生まれの日系人だった。初・中等学校時から詩才を発揮し、数々の賞を受けた。1959年、サンアンドレス大学(ラパス)法学部に入学するも中退。詩とジャーナリズムに専念。第1詩集『亡命における三つのピアノ練習曲』(1959)以来、次々と詩集を刊行。1960年代の激動する政治・社会状況を背景に出発した当初は、民衆的連帯を求める急進的詩人として立ち現れたが、その後軍事政権下の1971年には故国を追われスペインへの亡命を強いられた。その後ボリビア政府は前政権の下での弾圧に関して謝罪し、1999年には国民文化賞が授与された

細野豊[ホソノユタカ]
1936年神奈川県横浜市生まれ。1958年東京外国語大学スペイン語科卒業。通算17年余りラテンアメリカ諸国(メキシコ、ボリビア、ブラジル)に滞在。詩誌「日本未来派」、「ERA」同人。日本詩人クラブ、日本現代詩人会、横浜詩人会、日本文藝家協会、日本ペンクラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

5
詩を読むことは恐ろしい。詩人の言葉に己れの内面を映し出されるから。一人の人間の移りゆく感性と過酷な世界観から、震えるような感覚が身内から湧き上がる、貴重な作品集。2016/12/17

奥山 有為

2
外地小説をずーっと読んでたのですが、これは日系人の書いた文学。日本文学ってなんだろうか。日本語で書かれた文学か?児童文学の定義は前、「児童に関する文学」じゃないかって読んだことがあるけど「日本に関する文学」だと広義すぎる。2013/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5589699

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。