女性ホルモンは賢い―感情・行動・愛・選択を導く「隠れた知性」

個数:
  • ポイントキャンペーン

女性ホルモンは賢い―感情・行動・愛・選択を導く「隠れた知性」

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月21日 15時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784772695688
  • NDC分類 495.13
  • Cコード C0040

内容説明

自分でも気づかないうちに感情・行動が変わるのは、「隠れた知性(=女性ホルモン)」に導かれているため。女性ホルモン研究の第一人者が、進化によって育まれた女性の複雑な感情・行動の秘密を解き明かします。

目次

はじめに 女性を導くホルモン
第1章 ホルモンをめぐる騒動
第2章 発情期って何?
第3章 二八日間、月を一周
第4章 進化した欲求―セクシー、安定性、どちらを選ぶ?
第5章 パートナーを探す―競争とリスク
第6章 隠された排卵(でも、匂いの合図あり)
第7章 卵子経済―女性の人生を脳とホルモンから見る
第8章 ホルモンは賢い

著者等紹介

ヘイゼルトン,マーティー[ヘイゼルトン,マーティー] [Haselton,Martie]
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の心理学教授、および社会・遺伝学研究所の教授。女性ホルモンと感情・行動・社会的つながり、排卵周期と女性のセクシュアリティに関わる研究の世界的リーダーである(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

19
可愛い装丁とは裏腹に、中身はしっかりした一般向け科学書。著者はカリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学教授。女性は意外に自分の身体のことを知らない(わたしだけ?)。PMSという言葉は知っていても、どのような仕組みなのか全く知らない人もいるだろう(わたしだ)。著者曰く、“自分自身のホルモンの性質に無知でいては、まったく自分のためにならない。その反対に、ホルモンの知性を知ることは自分のためになる” 。ホルモンに導かれた戦略的行動を知りたければぜひ。もちろん、女性への理解を深めるために、男性が読むのも◎2020/05/12

くさてる

15
女性ホルモンに関するガイドブックかなーくらいの思いで手に取ったら、女性科学者によるしっかりとした科学啓蒙の内容で驚きました。とくに、女性ホルモンに関する俗説が女性への偏見につながるとしてその研究結果を忌避する流れがあったこと、生物医学的研究が主に男性の症例を用いて研究されてきたことなどを踏まえて、男女の生物学的差異から目をそらすことは得策ではないというあたりが興味深かった。女性ホルモンとそれにまつわる俗説や神話も検証され、読み物としても面白かったです。おすすめ。2020/06/20

☆ツイテル☆

2
フライヤー 2021/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15366986

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。