祖父から孫への手紙―「だましの時代」を生き抜く道標

個数:

祖父から孫への手紙―「だましの時代」を生き抜く道標

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 15時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784772661973
  • NDC分類 159.7
  • Cコード C0095

内容説明

根がしっかりあってこそ、その上に太い幹が育ち、枝葉が長く美しく伸びていくように、人生には必要な「知恵の樹」があります。昭和、平成、令和の時代に生き、知恵を身に付けてきた私たち団塊世代。今こそ、この知見を若い世代に伝え、生きた証を残すときです。混とんとした時代を幸せに生き抜くための「知恵の樹」を贈ります。

目次

第1部 自分のアイデンティティーを持つ―「知恵の樹」の根(記憶と歴史は70年で入れ替わる;わが家の「家訓」を作ろう)
第2部 楽な奴隷ではなく厳しい自由人として生きる―「知恵の樹」の幹(孫にはお金でもおもちゃでもなく生きる知恵を贈ろう;お金をためこまない技術;世界では考えられない「三方よし」のビジネス論 ほか)
第3部 未来を見通す力を養う―「知恵の樹」の枝葉(困難な時代に生きる孫に伝えたいこと;コオロギの実験からわかった強い子ども、軟弱な子ども;人のためにどこまでできるかが試される)

著者等紹介

竹田眞也[タケダシンヤ]
マーケティングアドバイザー、Kグリーンエナジー株式会社顧問。1949年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒業。広告代理店に40年間務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
自分のアイデンティティーを持つ─「知恵の樹」の根: 記憶と歴史は70年で入れ替わる わが家の「家訓」を作ろう 楽な奴隷ではなく厳しい自由人として生きる─「知恵の樹」の幹: 孫にはお金でもおもちゃでもなく生きる知恵を贈ろう お金をためこまない技術 世界では考えられない「三方よし」のビジネス論 「与えすぎてしまう」おじいちゃんの弊害 未来を見通す力を養う─「知恵の樹」の枝葉: 困難な時代に生きる孫に伝えたいこと コオロギの実験からわかった強い子ども、軟弱な子ども 人のためにどこまでできるかが試される2022/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19547792
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。