いまこそ知りたい!小さな会社を強くする「知的財産」の戦略教室

個数:

いまこそ知りたい!小さな会社を強くする「知的財産」の戦略教室

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月24日 23時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784772661959
  • NDC分類 507.2
  • Cコード C0034

内容説明

「知的財産を使った経営戦略」と聞くと高度な戦略のような印象がありますが、何も難しいことではありません。自社の「売り」や「強み」を見つけ、法律や制度を使ってじょうずにアピールすることで、競合他社の侵害から守ることができ、さらに自社のブランディングや販促に活用することもできます。すべての中小企業を劇的に変革させるヒントが、この一冊に詰まっています。

目次

第1章 エグゼクティブこそ、知っておきたい知的財産の使い道(4種類の産業財産権と、その他の知的財産;参加することに意義がある!?特許出願・特許権の使い方 ほか)
第2章 エグゼクティブこそ実践したいIP戦略(知財戦略)(経営者、経営企画、商品企画に携わる人こそ知的財産が必要な理由;今、話題になっているIPランドスケープとは? ほか)
第3章 マーケティングツールとしての知的財産の使い方(売り込みのストレスを解消するマーケティングとは;強みとは ほか)
第4章 イノベーションツールとしての知的財産の使い方(イノベーションとは;発明の成り立ちから考える24通りのイノベーションの起こし方 ほか)
第5章 ブランディング・販促ツールとしての知的財産の使い方(ブランディングとは―誰に何を伝えるのか?;商標登録事例をヒントに考えるネーミング、キャッチコピー ほか)

著者等紹介

〓山博教[サキヤマヒロノリ]
エグゼクティブIPコンサルタント。弁理士。ザック国際特許事務所所長。ザック株式会社代表取締役。1974年、和歌山県生まれ。化学系メーカーの研究開発部門に勤務した後、20代後半で特許事務所へ転職。機械系の技術分野を中心に特許出願をサポートし、1500件を超える特許や商標案件に携わる。クライアントの立場や市場背景を踏まえた質問力を駆使し「価値ある強み」を見出す力は高く評価され、特許出願の依頼が急増。2013年にザック国際特許事務所を設立。ドラッカー理論をベースにしたIP(知的財産)コンサルティングにも定評があり、単なる特許出願にとどまらない「エグゼクティブIP戦略」を体系化。元吉備国際大学大学院知的財産研究科非常勤講師。関西大学大学院工学研究科(化学工学専攻)修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。