僕の日本みつばち飼育記―里山は今日も蜂日和

個数:

僕の日本みつばち飼育記―里山は今日も蜂日和

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月24日 21時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784772660716
  • NDC分類 647
  • Cコード C0061

出版社内容情報

男70歳、「日本みつばち街道」をひた走る!
失敗や試行錯誤の先に見つけた、僕なりの飼育ノウハウ。男70歳、「日本みつばち街道」をひた走る!
失敗や試行錯誤の先に見つけた、僕なりのノウハウ。
さらなる飼育法を求めて、終わりなき旅へ、さあ出かけよう。
希少な日本みつばち飼育に挑戦!

定年後、週末里山暮らしをする中で出合った日本みつばち。
飼育を始めて6年が経つが、いまだ失敗や試行錯誤の連続だ。
追究しても答えはでない。
答えが出ないからこそ、おもしろい。
みつばち飼育とは、まるで人生のように奥深く、刺激的だ。
日本みつばちとの奮闘の日々から生まれた、僕なりの飼育ノウハウをお話ししたい。

第1章 分蜂 
?分蜂を制することから飼育は始まる
第2章 待ち箱 
?みつばちが入りやすい、住みやすい環境づくり
第3章 金陵辺と誘引剤 
?みつばちをよぶ秘策
第4章 飼育 
?追究した僕なりの飼育方法
第5章 天敵 
?希少な日本みつばちを守るには
第6章 トラブルいろいろ 
?飼育成功のカギは近隣の理解
第7章 遥かなる対馬 
?ここは、日本みつばちの理想郷
付録 安江式用語説明

安江三岐彦[ヤスエミキヒコ]
パートナー保険 取締役会長。
1946 年に岐阜県東白川村に生まれる。サラリーマン生活の後、1980 年に保険代理店を開設。現在は岐阜県内にグループ会社2 社1支店を展開。
仕事人生50 年を機に人生をリセットし、週末だけの里山暮らしを開始。里山
の谷沿いに立つクルミの木に営巣する日本みつばちと出合った。
しばらくは、飼育師匠の手ほどきを受けながら、ときどき巣から蜜を失敬する程度の付き合いだった。ところが、6年前、2人の師匠から日本みつばちの巣箱をプレゼントされて、飼育人生が始まった。以来、毎日が日本
みつばち中心に動いている。
2016 年5 月31 日には、NHK岐阜「ほっとイブニングぎふ」に出演し、採蜜を実演した。
著書に『美濃・東白川村に生まれて』(合同フォレスト)がある。

内容説明

希少な日本みつばち飼育に挑戦!男70歳、「日本みつばち街道」をひた走る!失敗や試行錯誤の先に見つけた、僕なりのノウハウ。さらなる飼育法を求めて、終わりなき旅へ、さあ出かけよう。

目次

はじめに 飼育熱中人の誕生
第1章 分蜂―分蜂を制することから飼育は始まる
第2章 待ち箱―みつばちが入りやすい、住みやすい環境づくり
第3章 金陵辺と誘引剤―みつばちを呼ぶ秘策
第4章 飼育―追究した僕なりの飼育法
第5章 天敵―希少な日本みつばちを守るには
第6章 トラブルいろいろ―飼育成功のカギは近隣の理解
第7章 遙かなる対馬―ここは、日本みつばちの理想郷
おわりに 日本みつばちの飛ぶ風景を求めて

著者等紹介

安江三岐彦[ヤスエミキヒコ]
パートナー保険取締役会長。1946年に岐阜県東白川村に生まれる。サラリーマン生活の後、1980年に保険代理店を開設。現在は岐阜県内にグループ会社2社1支店を展開。仕事人生50年を機に人生をリセットし、週末だけの里山暮らしを開始。6年前、2人の師匠から日本みつばちの巣箱をプレゼントされて、飼育人生が始まった。以来、毎日が日本みつばち中心に動いている。2016年5月31日には、NHK岐阜「ほっとイブニングぎふ」に出演し、採蜜を実演した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takao

2
ふむ2021/02/21

みこよこ

1
この春から趣味で養蜂を始めるために何冊かニホンミツバチの本を読んでいる。この本は安江さんという岐阜県で養蜂をされている人の記録。ニホンミツバチの飼育もアカリンダニやサックブルド病など新しい疾病が近年起こっていて、地域的に広がったり、対応策によって対処できたり…という状況。読めば読むほど難しく感じるし、ハチ任せで飼い主の思い通りにならないのだということはわかりました。それでも日本中のハチ友さんたちは「楽しい」と言っておられるので、私も養蜂家の仲間入りがしたいものです。2023/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11086367
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。