DV加害者プログラム・マニュアル

個数:
  • ポイントキャンペーン

DV加害者プログラム・マニュアル

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年04月09日 16時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 266p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784772417464
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C3011

内容説明

怒りや隠された感情を言葉にして伝える方法を身につけ、加害行為の責任を取り、被害者を尊重する関係を築いていく。“被害者支援の一環としての”暴力防止プログラム・マニュアル。

目次

1 総論1―DV加害者プログラムの歴史と基本理念(日本のDV加害者プログラムの歴史;DV加害者臨床の概要 ほか)
2 総論2―DV加害者プログラムと被害者・子どもの支援(DV家庭における子どもの問題の現状・子どもへの影響と面会交流;被害者支援の現場から―加害者への対応の必要性 ほか)
3 プログラム全体の流れと運用上のポイント(RRP研究会におけるDV加害者プログラムの目標と概要;プログラム開始から終了までの流れ ほか)
4 各セッションの進め方と配布資料(暴力とは何か;リスクについて ほか)
5 プログラム実践のためのQ&A

著者等紹介

森田展彰[モリタノブアキ]
筑波大学医学医療系准教授。NPO法人RRP研究会理事、日本アルコール・アディクション医学会理事

高橋郁絵[タカハシイクエ]
原宿カウンセリングセンター。公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士、動機づけ面接トレーナー。2005年内閣府DV加害者更生プログラム検討委員を経て、2006年よりNPO法人RRP研究会理事

古賀絵子[コガエコ]
NPO法人RRP研究会。公認心理師、臨床心理士。2007年より、NPO法人RRP研究会の運営に携わり、DV加害者更生プログラムのファシリテーターを務める

古藤吾郎[コトウゴロウ]
日本薬物政策アドボカシーネットワーク事務局長。NPO法人アジア太平洋地域アディクション研究所。ソーシャルワーカー、精神保健福祉士

高野嘉之[タカノヨシユキ]
John Howard Society of Grande Prairie。NPO法人RRP研究会理事。Provisional Registered Psychologist(司法・臨床・カウンセリング心理学専門)。博士(Ph.D.)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。